全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

独の和太鼓チームが来日 御諏訪太鼓の拠点で練習

「勇駒」を練習するドイツの和太鼓チームのメンバー

 ドイツの和太鼓チームのメンバーが20、21の両日、岡谷市神明町の御諏訪太鼓会館を訪れ、講習を受けた。御諏訪太鼓伝承者で太鼓打師の山本麻琴さんと御諏訪太鼓保存会の古屋邦夫会長の指導で、御諏訪太鼓の鼓曲「勇駒」を繰り返し練習した。

 訪れたのは、ドイツで活動する「玉太鼓」「狼太鼓」「木遣り太鼓」「正太鼓」の4チームから男女6人。御諏訪太鼓で3回の講習経験があるドイツ・ハンブルク在住で玉太鼓リーダーのオリバー・ライヘルトさん(45)が今回、太鼓仲間に声を掛けて来日。海外でも広く演奏されている「勇駒」を正式に学ぶ目的で、御諏訪太鼓を訪れた。

 参加者は、長胴太鼓、締太鼓、大太鼓の各パートをすべて覚えられるよう練習。2日目の21日は、パートを入れ替わって何回も演奏を繰り返した。しの笛も加わり、掛け声も勇ましく力強い太鼓の音を響かせた。

 ドイツでは約100の和太鼓チームが活動しているという。ライヘルトさんは「本物の『勇駒』はこれまでやってきたのと全然違った。本物を少し理解できたので、もっと練習してドイツの人たちに見せたい」と話した。

 山本さんは「日本の和太鼓の文化や、日本人が和太鼓を打つ際の向き合い方に触れてもらい、ドイツに持ち帰ってほしい」と期待していた。

関連記事

満員の観客、万雷の拍手 うつぐみ芸能交流高知公演

 【高知】竹富島や高知県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が10日、高知県香南市の「弁天座」で開かれた。太平洋戦争末期、竹富島に駐留...

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク