全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

県の魚・サクラマスの陸上養殖試験

 県の魚・サクラマスの高級ブランド化に向け、県や水産加工大手・マルハニチロ(東京都)など産学官7機関が遊佐町吹浦の町漁村センター敷地内で展開している陸上養殖施設での試験飼育に関し21日、水揚げ作業が行われた。水揚げされたサクラマス120匹の中には商品価値の高い2㌔超の「大物」もおり、関係者は「ようやく大きな一歩を踏み出すことができた。新たな産業に育てたい」と話す。このうち30匹は空路でシンガポールに輸出、現地のレストランで品質評価を受けることになっている。

 試験飼育に取り組んでいるのは、マルハニチロと県農林水産部、水産研究・教育機構(横浜市)、JXTGエネルギー(東京都)、JXANCI(同)、香川高等専門学校(香川県)、キッツ(千葉市)。農研機構・生物系特定産業技術研究支援センター(川崎市)による委託事業「『知』の集積と活用の場による研究開発モデル事業」を活用し2017年度から5カ年、飼育に適した条件探索や情報通信技術を活用した効率的な管理方法などを共同研究、国際競争力を持った新たな国産ブランド魚の開発を目指している。設備は、漁村センターの敷地1200平方㍍を町から借り受けて整備。テントハウス(広さ約450平方㍍)を建て、養殖システム用大型水槽(容量5㌧)2基、水質浄化設備などを設置している。

 今回水揚げしたのは、昨年11月に大型水槽に入れた稚魚2000匹のうち、専用の配合飼料を与えながら選別を重ねてきた体長50―60㌢、体重2㌔前後のサクラマス120匹。マルハニチロ中央研究所の椎名康彦副部長によると、3回目の水揚げだが、2㌔超の出荷は初めてという。この日は午前9時から作業がスタート。水槽から銀白色に輝くサクラマスを1匹ずつ丁寧にすくい上げ、血抜き、神経抜きを施した上で、体長と体重を調査。中には3㌔近いものもいた。

 陸上養殖のメリットについて椎名副部長は▽天候に左右されない▽殺菌された水を使用するため病気にかかりにくい▽天然物に比べて脂の乗りも含め品質が安定―などを挙げ、「サクラマスは日本固有種でおいしいが、国内のサーモン市場は輸入物が主流。高品質なサクラマス、英名『チェリーサーモン』を、ここ山形から日本全国、世界に向けて発信していきたい」と話した。

 県、全日空庄内支店によると、輸出用の30匹は同日の庄内発東京行き全日空第4便で東京へ。通関を経て同日中に沖縄・那覇空港に運ばれ、22日夕にはシンガポールのレストランに到着するという。

陸上養殖施設内の大型水槽で成長したサクラマス。中には3㌔近い「大物」も

関連記事

宇部日報社

山陽小野田市の竜王山に今年もヒメボタル

 西日本有数のヒメボタルの生息地、山陽小野田市南部の竜王山(標高136メートル)で今年もヒメボタルが見られ始め、愛好家たちを喜ばせている。今週末にはがピークを迎えそうだ。       体長5~1...

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク