全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山林整備し子どもの遊び場に

子どもたちが遊ぶ姿を見守る浴井さん(中央奥、嘉川の里山で)

 山口市嘉川西本郷に所有する山林を里山に整備している元小学校長の浴井浩さん(79)=嘉川福岡=が、子どもたちの遊び場や地域の憩いの場として提供。「希望があれば、いつでも使って」と呼び掛けている。浴井さんは宇部市の黒石小を最後に定年退職。8年前から山口市の市児童クラブおおぞら(学童保育)運営協議会長を務めている。

 もともとはシイタケ栽培に使用していた雑木林。地域に役立てばと、山の一部の斜面を一人で3年半かけて切り開き、約2000平方メートルを里山として再生した。ブランコやターザンロープ、シーソーなどの遊具、仮設トイレを設置。飲料水は各自持参で、1年前から開放し利用を受け入れている。

  「大人同伴で安全管理に留意さえしてもらえれば、自然体験の少ない子どもたちの遊びや散歩コースにどんどん使ってもらっていい。あと数年かけて里山を広げたい」と浴井さん。小学校の遠足コースとしての活用も投げ掛けている。

関連記事

「みんな平和の大使」 サンマリノ共和国、カデロ大使が講話 八重山商工高校

 東京五輪パラリンピックのホストタウン交流プログラムの一環として八重山商工高校は27日午前、サンマリノ共和国の駐日大使マンリオ・カデロ氏を招き交流会を行った。カデロ氏は講話で「日本の53%は女性。...

長野日報社

節分へ「福ます」準備 箕輪の無量寺

 箕輪町北小河内の無量寺(中川弘道住職)は「節分」の2月3日、厄除け護摩祈祷会や年男・年女による豆まきを同寺で行う。27日には中川住職が豆まきに使用する福ますや景品のだるまに「福」や「寿」「家...

四季折々の境内へ

豊川の為当稲荷神社「ハナモモの杜」整備  豊川市為当町の為当稲荷神社(山本行洋宮司)で、地元住民でなる「為当ふるさとの森愛護会」(太田秀雄会長)が新たな住民憩いの場「ハナモモの杜」を整備し...

荘内日報社

食の映画祭にぎわう

 映画と食を組み合わせ食文化創造都市鶴岡を発信する「おいしい鶴岡 第4回食の映画祭」が鶴岡まちなかキネマで30日(木)まで開かれている。今回は日本酒やコーヒーなどをテーマにした映画4作品を上映、合わせ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク