全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖マラソン 持ち込み・県民枠募集終了

大勢のエントリー希望者が集まった受け付け会場=長野日報社本社

 秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第31回諏訪湖マラソン(10月27日、諏訪湖ヨットハーバーほか)で、諏訪、上伊那地方の4会場でエントリーを受け付ける「直接持ち込み枠」と、マラソン大会エントリーサイト「RUNNET」の県民枠の募集が20日に行われ、計1500人分の定員が午前中で埋まった。持ち込み会場では受け付け開始前から多くの人が列を作り、申し込みを終えてほっとした表情を浮かべる人もいた。

 4会場のうち、諏訪市高島3の長野日報社本社では、会場前に約80人が並んだ。先頭の立木優也さん(44)=茅野市泉野=は午前7時過ぎから並んだといい、「今年で19回目のエントリー。諏訪湖マラソンは走っていてとても楽しい。秋の諏訪湖と遠くの山々を一望でき、本当に気持ちがいい」と話していた。

 同社伊那支社、茅野市運動公園総合体育館、岡谷市民総合体育館でも多くの出場希望者が集まった。ネットでの申し込みがすぐに埋まったため、急きょ、会場に足を運んだという人もいた。

 大会は、県、諏訪地方6市町村、長野日報社で構成する諏訪圏健康推進協議会主催。全国のランナーが「RUNNET」を通じて応募する一般枠の受け付けは6月3日午前0時からで、定員は6200人。先着順。ふるさと納税制度を活用し、諏訪地方6市町村のいずれかに3万円以上を寄付した人への返礼品としても出場権を進呈しており、定員は300人で先着順。締め切りは31日まで。

 問い合わせは同大会実行委事務局(電話0266・52・8665)へ。ふるさと納税枠の問い合わせは各市町村の納税担当部署へ。

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク