全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清水の特製婚姻届50件 キャラ「うっちゃん」や町花デザイン

 清水町オリジナルの婚姻届用紙の届け出数が50件に達したのを記念し、阿部一男町長が17日、節目のカップルとなった町内の酪農業松下敏行さん(35)、真理子さん(35)夫妻に祝いのしおりを贈呈した。

阿部町長(左から2人目)からしおりを受け取る敏行さん、真理子さん夫妻。左は佐藤係長

 町は2016年度から、町の鳥ウグイスをキャラクター化した「うっちゃん」や町の木ナナカマド、町花スズランを描いたオリジナル用紙を導入。用紙の縮小コピーを貼り、お祝いメッセージを書いたしおりを郵送している。通常の用紙と選択でき、約3割がオリジナルを選ぶという。

 愛知県瀬戸市出身の真理子さんは、町とJA十勝清水町が運営する農家の花嫁募集サイトを通じて敏行さんと知り合った。「何事も一生懸命なところに引かれた」(敏行さん)、「優しくて、笑顔がかわいくて、不器用なところも放っておけない」(真理子さん)と見初め合い、昨年11月に真理子さんが移住して3カ月後には結婚を決めた。

 「覚えやすい日に」(真理子さん)と、婚姻届は令和初日の1日に提出。真理子さんが「普通の用紙よりかわいくて、遊び心がある」とオリジナルを選んだ。

 役場で行われた贈呈式では阿部町長と、オリジナル用紙を発案・制作し、しおりの制作・発送を担当する役場御影支所の佐藤こずえ係長が、2人にしおりを手渡した。阿部町長は「2人がますます町内で活躍し、仲良く立派な家庭を築いて」と祝福した。

 来年1月には第1子が誕生予定の2人。「笑顔があふれる楽しい家庭を築きたい」と声をそろえる。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク