全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

「日本一遅い」桜まつり満喫【釧路町】

サクラの木の下で祭りを楽しむ来場者

 日本一遅い桜祭りとして知られる「第38回釧路町桜まつり」が19日、町別保メモリアルパーク(別保公園)で開かれた。昨年より多い約1万2000人(主催者発表)がサクラを眺めながら飲食や催しを楽しんだ。

 この日は最高気温が釧路で14・8度となり、晴天にも恵まれた。家族などで連れ立って訪れた来場者はカキやジンギスカンのほか、「日本一早い桜祭り」を開いている沖縄県今帰仁村(なきじんそん)提供のカットスイカなどを満喫した。

 会場内のステージは郷土芸能発表やものまねタレントのショーなどで盛り上がった。観客参加型の旗上げゲームも行われ、両手に持った旗を「赤下げて」などの指示通りに動かせるか競い合った。子供の部に参加した釧路市在住の佐藤裕美さん(9)は大人の部に出場した母親と親子でアベック優勝。賞品の菓子を受け取り、「初めてで自信なかったけど楽しかった」と笑顔だった。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク