全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

4選手が技術指導 パラ陸上教室

特別講演会で足を失った経緯を話す選手ら。左から、鈴木徹選手、山本篤選手、小須田潤太選手、佐藤圭太選手=29日午後、同競技場

 第8回石垣島ジュニア陸上教室(石垣島アスリートクラブ主催)が29日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場で開催され、パラアスリートの鈴木徹(37)、山本篤(35)、佐藤圭太(26)、小須田潤太(27)の4選手が子どもたちを指導した。

 教室では、まず選手たちがパフォーマンスを披露。走り高跳びで2メートル2センチの記録を持つ鈴木選手がハイジャンプをみせると、100メートル11秒77のアジア記録保持者の佐藤選手は大きなストライドでトラックを駆け抜けた。

 パフォーマンスの後は短距離、走り幅跳び、走り高跳びの3グループに分かれて教室を実施。  走り幅跳びでリオパラ五輪銀メダリストの山本選手は「普段は幅跳びの練習はしない」と独自の練習法を披露。「僕の場合は」と前置きし、「幅跳びは助走が大切。練習で疲れた状態では助走も遅く、いいジャンプはできない。跳ぶのは試合の時だけ」と話した。

 走り幅跳びの自己ベストが6メートル68センチの川満聖士君(八重高2年)は「山本選手が義足で、僕と同じくらい跳べることに驚いた」と感想。  昨年、走り高跳びで144センチを跳び日本一になった比嘉桃花(石垣小6年)は、「鈴木選手の背面跳びのブリッジがとてもきれいだった。自分も背面跳びを練習中なのでまねたい」と語った。

 鈴木選手は石垣の子どもたちの印象を「見たことをすぐに再現できる能力が高い」と評価。山本選手は「みんな元気で素直。何でも楽しく全力で挑戦してほしい」とメッセージを送った。

 教室の後は保護者も参加して、4選手による特別講演会が行われ、選手たちが足を無くした経緯や陸上との出会いを紹介。子どもたちからの質問にも笑顔で答えた。

関連記事

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

釧路新聞社

タンチョウのひな誕生【釧路】

   釧路市公園緑化協会は、市丹頂鶴自然公園でタンチョウのひなが誕生したと発表した。同公園での新たなひなの誕生は2018年6月15日以来約2年ぶり。  飼育員の高嶋賢治さんによると、同公園のBケー...

アオウミガメふ化 「20年後に戻ってきて」

 ウミガメの子どもが砂の中から現れて大海へ泳ぎ出ていく―。石垣島北部の海岸で13日、ウミガメのふ化が確認され、小さなアオウミガメたちが足をばたつかせながら障害物を乗り越えて行った。  子ガメたち...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク