全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宮良小伝統の川下り40年 環境学習、ゴールに達成感

宮良小学校伝統の「川下り」で手作りのいかだで宮良川を下る6年生ら=19日午前、宮良橋付近

 宮良小学校(仲間一史校長、児童134人)伝統の環境学習、第40回「川下り」が19日午前、宮良川で行われ、6年生27人と元在籍児童2人が、手作りのいかだ4艇で同川約2・3㌔を下り、川の生物などを観察した。40周年を記念し、第1回川下り実施時に児童としていかだに乗った地域の男性3人も参加した。

 6年生らは午前7時ごろ、石垣市大浜の赤下橋付近の上流から出発。ドラム缶や丸太などで作ったいかだに乗り込み、ギンネムの木の櫂(かい)で水をかいて進んだ。講師の成底正好さんが環境や生物について解説し、道中の洞窟でコウモリも観察した。午前9時30分ごろ、河口付近のムニンヤーの浜にいかだが到着すると、下級生や地元住民らが横断幕を広げて歓迎。6年生らは川に飛び込み、やり遂げた喜びを表した。

 第1回川下りの元参加児童を代表して黒島義克さん(50)、玉津健市さん(50)、上里勲さん(50)も参加。黒島さんは「当時のことを思い出しながらこいだ。夏休みに何度もPTA活動で川へ行き、何度も浮力の実験をした。地域の支えあってこそ成り立つ。川下りが40年たった今でも続いているのは感無量」と話した。

 小笹のの子さん(11)は「櫂をこぐのは手が痛くなって大変だったけど、川に飛び込んだら疲れも吹き飛んだ。皆で力を合わせてゴールできてうれしい」と笑顔を見せ「去年は洞窟のコウモリが70匹いたけど今年は25匹という解説を聞いた。環境が関係しているのかなと思った」と語った。

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク