全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ご当地ナンバー新たに3車種追加 宮田村

種類を増やした宮田村のご当地ナンバープレート

 宮田村は、原動機付き自転車(原付き)90ccと原付き125cc、農耕車を含めた小型特殊自動車のご当地ナンバープレートを交付し、村のオリジナルナンバープレートを利用できる車種を増やした。村のイメージキャラクター「みやさん」と特別シンボル「こまうすゆきそう」を取り入れたデザインで、運転しながら村をPRしてもらう。

 村の魅力を発信して知名度を高めるとともに、ふるさとへの愛着を深めてもらおうと2017年度に原付き50ccのオリジナルナンバープレートを製作した。ほかの車種でも利用したいという村民の要望に応え、4月から新しく3種類を加えて、村役場の窓口で無料配布している。

 ナンバープレートは原付き50ccと同様に村民と村職員のアイデアを採用し、こまうすゆきそうの花畑を背景にみやさんを描いたかわいらしいデザイン。

 村は「今回から農耕車もご当地ナンバープレートを使えるようになった。村内には農家が多いので、ぜひ大勢の人にナンバープレートを付けて宮田村を広くPRしてほしい」と活用を呼び掛けている。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク