全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東三河の水瓶「宇連ダム」貯水率ゼロ

 水資源豊川用水総合事業部は19日、東三河の水がめで同用水の主力水源となっている新城市川合の宇連ダム(有効貯水量2942万㌧)の貯水率が同日午前5時にゼロになったと発表した。事業部は同日午前7時に静岡県浜松市の佐久間ダムから導水を始めた。  事業部によると、同事業部によると、宇連ダムの貯水率がゼロとなれば1985(昭和60)年1月以来34年ぶりとなる。大島ダム(新城市名号)が2001年に完成後では初めて。直近で1%を下回ったのは2013(平成25)年9月で0・8%だった。  この日午前5時時点での豊川用水関連の水源状況で貯水率は宇連ダムが0%、大島ダムは77・7%、下流域の7調整池を合わせた全施設貯水率は27・3%だった。  事業部では貯水量の残るダムや各調整池の水に、天竜川水系の佐久間導水を活用して豊川用水の供給に努めるとしている。  宇連ダムでは今年に入って月ごとの降水量は平年値(2002年から18年まで17年間の平均値)が4カ月連続で大きく下回っていた。特に3月は平年205㍉だったのが66㍉と少なかった。  同事業部では貯水率0%となった後の19日午前8時時点の画像を公開。貯水する湖の湖底や護岸があらわになったり、かつての道路や橋が再び姿を現したことが確認できる。  天気予報では21、22日が雨予報で降雨が期待されるが、同事業部は雨量がわからないという。  東三河で豊川用水を活用する自治体では現在、第3回節水(農業15%、水道15%、工業15%)を実施している。梅雨入りはまだしていないが、今後のさらなる節水強化も予想される。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク