全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東三河の水瓶「宇連ダム」貯水率ゼロ

 水資源豊川用水総合事業部は19日、東三河の水がめで同用水の主力水源となっている新城市川合の宇連ダム(有効貯水量2942万㌧)の貯水率が同日午前5時にゼロになったと発表した。事業部は同日午前7時に静岡県浜松市の佐久間ダムから導水を始めた。  事業部によると、同事業部によると、宇連ダムの貯水率がゼロとなれば1985(昭和60)年1月以来34年ぶりとなる。大島ダム(新城市名号)が2001年に完成後では初めて。直近で1%を下回ったのは2013(平成25)年9月で0・8%だった。  この日午前5時時点での豊川用水関連の水源状況で貯水率は宇連ダムが0%、大島ダムは77・7%、下流域の7調整池を合わせた全施設貯水率は27・3%だった。  事業部では貯水量の残るダムや各調整池の水に、天竜川水系の佐久間導水を活用して豊川用水の供給に努めるとしている。  宇連ダムでは今年に入って月ごとの降水量は平年値(2002年から18年まで17年間の平均値)が4カ月連続で大きく下回っていた。特に3月は平年205㍉だったのが66㍉と少なかった。  同事業部では貯水率0%となった後の19日午前8時時点の画像を公開。貯水する湖の湖底や護岸があらわになったり、かつての道路や橋が再び姿を現したことが確認できる。  天気予報では21、22日が雨予報で降雨が期待されるが、同事業部は雨量がわからないという。  東三河で豊川用水を活用する自治体では現在、第3回節水(農業15%、水道15%、工業15%)を実施している。梅雨入りはまだしていないが、今後のさらなる節水強化も予想される。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク