全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

第1回竹富町観光案内人条例制定検討委員会=18日午後、竹富町役場

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や、ガイドが順守する事項を盛り込んだもの。町総合政策アドバイザーの上妻毅氏を委員長に検討する。会議は冒頭のみ公開された。

 西大舛髙旬町長は「世界自然遺産登録も控えており、国内外から多くの人が来る。委員の専門的な分野の経験を生かし、しっかりとした条例になることを期待する」と述べた。

 委員会設立にあたり準備会を立ち上げ、西表島で観光ツアーなどを行う130事業者を対象に条例の骨子案を提示し、昨年2月には条例の目的や適用範囲、ガイドの定義、ガイドや事業者の登録制度などに関するアンケートを実施した。

 会議に先立ち6人の委員に西大舛町長から委嘱状が手渡された。

 委員長以外の委員は次の通り。  諸坂佐利(神奈川大学法学部准教授)、花井正光(沖縄エコツーリズム推進協議会会長)、竹中康進(環境省那覇自然環境事務所西表自然保護官事務所自然保護官)、上亀直之(竹富町観光協会会長)、小濵啓由(竹富町政策推進課長)

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク