全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

登山道コースで限界突破 南箕輪でトレイルランニング大会

経ケ岳9合目を目指して大芝高原をスタートする選手たち

長野県南箕輪村郊外の経ケ岳(標高2296メートル)の登山道をコースにしたトレイルランニング大会「第5回経ケ岳バーティカルリミット」(同実行委員会主催)が18日、同村の大芝高原を発着点に開かれた。全国各地の選手たちが自身の限界突破を目指し、斜面を一気に駆け抜ける過酷なレースに挑んだ。

村が、村内三大イベントの一つに位置付けて経ケ岳や大芝高原のPRを図る催しで、県内外から1000人が集まるイベントへと発展。今年は高原内での子ども対象レース(99人)を合わせると、1002人がエントリーした。

今年は山頂付近に残雪が多いため、ロングのルートを変更。9合目手前(標高2200メートル)を折り返し地点とする「ロング」(距離19キロ、累計標高差1500メートル)に608人、4合目付近で折り返す「ショート」(同12キロ、同630メートル)に295人が出場。選手は息を切らして、新緑がまぶしい登山道を疾走。難所を乗り越えながら眼下に広がる景色の美しさにリフレッシュ、ふもとの沿道では観衆の声援を励みに力走した。

ロング男子部門は、静岡県の公務員、近藤敬仁さん(35)が2時間04分05秒で優勝。「3回目の挑戦で初めて優勝できた。辛いけれど楽しくて、眺めも最高だった」と達成感に浸っていた。

関連記事

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

貨幣に関する歴史「時の金なり」展

 豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階の第5展示室で、ミニ企画展・歴史資料のさまざま「時の金なり」が開催されている。15日まで。  同館の収蔵品から硬貨や紙幣といった貨幣に関する約80点を展示。12世紀半...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク