全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

熊野那智大社で、なでしこジャパンの必勝祈願をする日本サッカー協会の岩上和道副会長(左から2人目)ら=17日、那智勝浦町で

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係者が参列し、大舞台での活躍を願った。

 熊野三山一寺と新宮市、田辺市、那智勝浦町で構成する「熊野三山協議会」(会長=田岡実千年新宮市長)が開いた。日本サッカー協会のシンボルマークとなっている三本足の烏が、熊野の神鳥「八咫烏(やたがらす)」である縁で、日本サッカー協会は2002年に開かれた男子のW杯日韓大会から、折に触れて熊野での必勝祈願を続けている。  なでしこジャパンの必勝祈願祭は、前々回のドイツ大会(2011年)の直前に初めて行い、優勝。前回のカナダ大会(15年)前にも行って準優勝している。  今回は、日本サッカー協会から、岩上和道副会長(66)と今井純子女子委員長(53)らが来訪。17日は那智勝浦町の熊野那智大社で神事をした後、八咫烏が石に姿を変えて休んでいるとされる本殿前の「烏石」に触れるなどし、なでしこジャパンの必勝を祈願。岩上副会長は「ずいぶん後押しをしていただいており、絶対優勝するという気持ちでお願いをした。皆さんにも応援をよろしくお願いしたい」、今井女子委員長は「11年、15年もこちらにお参りさせてもらって戦ってきたので、これまでの戦いを引き継いで頑張ってきたい」と話した。  この日は那智山青岸渡寺(那智勝浦町)と熊野速玉大社(新宮市)、18日には熊野本宮大社(田辺市本宮町)で必勝を祈願した。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク