全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

親鳥の後、よちよち タンチョウひな 十勝

夕刻になり親鳥の後を付いて巣に戻るタンチョウのひな

 十勝管内の湿地では5月に入り、国の特別天然記念物タンチョウがつがいで子育てする姿が見られている。

 タンチョウは日本で繁殖する唯一の野生ツル。夏季は湿原に分散して営巣する。生まれてから100日程度で飛べるようになる。

 撮影箇所のひなが誕生したのは5月初旬。タンチョウの親子は早朝に営巣地を出て、近くの畑や側溝で餌を取り、夕方に巣に戻る生活を送っている。移動は1羽の親鳥が先頭で歩き、もう1羽がひな2羽に付き添うようにゆっくりと足を進める。伸びた草に隠れ姿が見えなくなると、探しに戻る様子も。

 17日夕、畑で過ごしていた親子は急な側溝を越え、堤防上を横切り、時間をかけ沼の中島の営巣地に帰ってきた。親鳥が腰を下ろすと、ひな鳥はすかさず羽の下に潜り込んだ。親鳥の羽から顔だけ出し辺りを見まわしながら、もう1羽の親鳥を探す愛くるしい様子が見られた。

親鳥の背中で休むひな

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク