全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

荘銀タクト鶴岡「アウトリーチ」事業 ホール外にアーティストを派遣

 鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)は今秋、芸術文化に触れる機会を増やすため、ホール外にアーティストを派遣して活動を行う「アウトリーチ」事業を実施する。同会館としては初の試みとなり、今月7日には講師を担うダンスカンパニーの2人が同会館を訪れ、訪問先となる市内の小学校の教員らに自由でスタイルの決まっていないコンテンポラリーダンスの基本と楽しさを伝えた。

 同会館は自主事業として、地域の文化・芸術活動を担う人材育成や、公立文化施設の活性化を図るための各種支援事業を実施する一般財団法人地域創造(東京)の共催で、公共ホール現代ダンス活性化事業を行う。9月5―6日に同市の櫛引西、渡前、広瀬の3小学校に講師を派遣するほか、同月7日には幼児や小学校低学年、保護者を対象にしたワークショップも行う。

 講師は関西を拠点に国内外で幅広く活動する「セレノグラフィカ」の隅地茉歩さん、阿比留修二さんの2人。これまで400を超える教育機関でアウトリーチを行い、2005年には「次世代を担う振付家賞(グランプリ)」を受賞している。

 7日に小ホールで行われたダンス体験には、訪問先の小学校教員と同会館職員ら計10人が参加。相手の人さし指に自分の人さし指を突き合わせて付いていく動きや、相手からゆったりとした動作で離れてまた触れる2人一組の動きなどを体験。最後は軽快な音楽に合わせて踊りながら、途中で踊る人数を変えるダンスなどを学んだ。

 参加者からは「初めは恥ずかしかったが、動きだすと感じなくなり、子どもたちならもっと自由に表現できそう」「フリーダンスは難しそうに思ったが、やってみると楽しい」などの感想があった。9月に講師が訪れる渡前小教員の榎本貴丸さんは「講師2人の指導もあって、とても取り組みやすかった。仲の良い悪いといった垣根を越え、いろんな人同士がつながるイメージが持てた。子どもたちからも楽しんでもらえると思う」と話していた。

講師が派遣される小学校の教員や荘銀タクト鶴岡の職員が体験したダンス=7日、荘銀タクト鶴岡小ホール

関連記事

石垣青年会 竹とんぼ作りに挑戦 親子連れなど30人参加

 第4回いしゃなぎら字会学級「おやこで竹とんぼをつくろう」(石垣青年会主催)が18日午後、石垣公民館で開かれ、親子連れなど約30人が昔から伝わる竹とんぼ作りに挑戦した。  竹とんぼ作りは、昔から...

長野日報社

キツネノカミソリが見頃 岡谷の出早公園で観察会

 長野県岡谷市長地の出早公園で、キツネノカミソリが見頃を迎えている。今年は梅雨が長かった影響で、例年よりも約1週間開花が遅いという。オレンジ色の細長い花びらを付けた花がじゅうたんのように広がり...

「ツルヒヨドリ」を駆除 特定外来生物指定の植物 西表石垣パークボラ

 【西表】環境省により特定外来生物に指定される植物「ツルヒヨドリ」の駆除作業が10日、白浜地区で行われ、西表石垣パークボランティアのメンバーらが水路内に繁茂したツルヒヨドリを手作業で抜き取った。 ...

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク