全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

荘銀タクト鶴岡「アウトリーチ」事業 ホール外にアーティストを派遣

 鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)は今秋、芸術文化に触れる機会を増やすため、ホール外にアーティストを派遣して活動を行う「アウトリーチ」事業を実施する。同会館としては初の試みとなり、今月7日には講師を担うダンスカンパニーの2人が同会館を訪れ、訪問先となる市内の小学校の教員らに自由でスタイルの決まっていないコンテンポラリーダンスの基本と楽しさを伝えた。

 同会館は自主事業として、地域の文化・芸術活動を担う人材育成や、公立文化施設の活性化を図るための各種支援事業を実施する一般財団法人地域創造(東京)の共催で、公共ホール現代ダンス活性化事業を行う。9月5―6日に同市の櫛引西、渡前、広瀬の3小学校に講師を派遣するほか、同月7日には幼児や小学校低学年、保護者を対象にしたワークショップも行う。

 講師は関西を拠点に国内外で幅広く活動する「セレノグラフィカ」の隅地茉歩さん、阿比留修二さんの2人。これまで400を超える教育機関でアウトリーチを行い、2005年には「次世代を担う振付家賞(グランプリ)」を受賞している。

 7日に小ホールで行われたダンス体験には、訪問先の小学校教員と同会館職員ら計10人が参加。相手の人さし指に自分の人さし指を突き合わせて付いていく動きや、相手からゆったりとした動作で離れてまた触れる2人一組の動きなどを体験。最後は軽快な音楽に合わせて踊りながら、途中で踊る人数を変えるダンスなどを学んだ。

 参加者からは「初めは恥ずかしかったが、動きだすと感じなくなり、子どもたちならもっと自由に表現できそう」「フリーダンスは難しそうに思ったが、やってみると楽しい」などの感想があった。9月に講師が訪れる渡前小教員の榎本貴丸さんは「講師2人の指導もあって、とても取り組みやすかった。仲の良い悪いといった垣根を越え、いろんな人同士がつながるイメージが持てた。子どもたちからも楽しんでもらえると思う」と話していた。

講師が派遣される小学校の教員や荘銀タクト鶴岡の職員が体験したダンス=7日、荘銀タクト鶴岡小ホール

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク