全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「比川行進曲」 譜面見つかり話題に 60年以上前に歌われる

60年前の比川行進曲を歌って聴かせてくれた前粟蔵さん(右)と比川公民館の新館長・前底英光さん=12日、比川

 【与那国】1954(昭和29)年ごろ、比川小学校や比川青年会で歌われた「比川行進曲」の譜面が祖納の男性宅で見つかり話題になっている。今では、ほとんどの人が聴いたことがないと言うなか、歌を聴いた人たちから「比川公民館の活動歌、応援歌として活用できないか」などの声が上がった。(9面に関連)

 その当時、作曲者が勤務していた比川小学校で5年生だった崎枝彦三さん(75=比川)は「卒業するまで歌っていた」と話す。比川青年会活動で歌ったことのある前粟蔵功さん(84=同・農業)は当時20歳だったが「歌を教えられたころをよく覚えている。比川では長いこと歌われていない」と歌詞を併記した譜面に当時の記憶をたどった。

 作詞は当時の比川小学校長の前竹万之助氏(与那国出身)。作曲者の奥平潤さん(84)は歌が広まった56年ごろに本島へ転居している。前粟蔵さんは65年前の歌詞を所々思い出せないと言いながらも軽快な行進曲をハミングして聴かせてくれた。

 男性は元比川小学校長の田原伊明さん=祖納=に相談したところ田原さんが石垣第二中学校の大浜安功教諭に楽譜を送り、同教諭がCDに音源化した。

 歌詞は起承転結で構成。1連の「怒涛逆巻き岩を噛み幾たび襲う嵐にも~われらはついに試練に勝てり今こそ興せ我らが郷土」。3連には「水の清さと美人の里~熟れた蜜柑の紅さす頃~吾らが理想の建設なれり今こそ興せ米倉比川」、4連は「英智のいずみ公民館~比川のさかえ永久に~スクラム組んでいざゆかん興せ比川明るい村」。地域を守る宿命を歌い平和を取り戻した戦後の村おこしで地域が一丸となった。

 同行進曲は、1953年に琉球政府が設置奨励した米国高等弁務官資金による公民館建設を機会に、戦後の復興に比川地域が希望にあふれ英知を結集する基になった。   (田頭政英通信員)

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク