全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖の花火 職人準備 諏訪の小口煙火

「小口煙火」の工場で花火玉作りに励む職人たち

 夏の夜空を彩る花火大会シーズンを前に、諏訪市双葉ケ丘にある「小口煙火」の工場では、花火玉作りが最盛期を迎えた。花火職人たちが手際よく玉張りなどの作業を進め、一玉一玉入念に仕上げている。

 工場では諏訪湖上で打ち上がる最大の尺玉10号など、大小さまざまな花火玉を作っている。10号玉は直径33センチの大きさで、上空300~330メートル付近まで打ち上がり、直径約300メートルに開花するという。

 工場では安全対策として電気を止め、湿気や気温なども考慮して慎重に花火玉を作っている。

 諏訪湖の花火大会は上諏訪温泉宿泊感謝イベントが7月15日、諏訪湖サマーナイト花火が7月21日~8月25日、諏訪湖祭湖上花火大会が8月15日、全国新作花火競技大会が9月7日にそれぞれ予定されている。

 小口煙火の小口晶大専務は 「花火大会当日はぜひ諏訪湖に足を運んでいただき、たくさんの人に見てもらいたい」と話している。

関連記事

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

釧路新聞社

タンチョウのひな誕生【釧路】

   釧路市公園緑化協会は、市丹頂鶴自然公園でタンチョウのひなが誕生したと発表した。同公園での新たなひなの誕生は2018年6月15日以来約2年ぶり。  飼育員の高嶋賢治さんによると、同公園のBケー...

アオウミガメふ化 「20年後に戻ってきて」

 ウミガメの子どもが砂の中から現れて大海へ泳ぎ出ていく―。石垣島北部の海岸で13日、ウミガメのふ化が確認され、小さなアオウミガメたちが足をばたつかせながら障害物を乗り越えて行った。  子ガメたち...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク