全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

田園と一体のホテルに 観賞用の稲の苗植え付け

 鶴岡市北京田の田園地帯にある複合型宿泊滞在施設「ショウナイホテル スイデンテラス」の北側エントランス周辺に15日、観賞用の稲の苗が植えられた。スイデンテラスの広報担当者は「日本人の心の原風景ともいうべき田園に囲まれたホテルから、庄内の美しい風景や魅力を発信していきたい」と話している。

 スイデンテラスはヤマガタデザイン(山中大介社長)が運営し昨年9月にオープン。世界的な建築家の坂茂氏が、木造建築が周辺の田園風景に溶け込むようなデザインとして施設を設計した。

 この日は青空が広がる好天の下、エントランス周辺に水を張った約48㌃の水盤に、地元農家が機械で観賞用の稲の苗を植えた。水盤には青空に浮かぶ白い雲やスイデンテラスの建物が映り込み、のどかな風景をつくり出していた。

 スイデンテラス広報担当の長岡太郎さんは「建築当初から計画していた観賞用の稲を植えることで、周辺の田園と一体となった日本でも珍しい景観のホテルとなる。秋には黄金色の稲穂がたなびくなど季節で変化していく風景を楽しんでもらえたら」と話していた。

スイデンテラスのエントランス周辺に観賞用の稲が植えられた

関連記事

紀伊民報社

悪疫退散 祈りの大輪

 新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに花火で笑顔を届けたいと、1日午後8時、全国各地で花火が一斉に打ち上げられた。「よみがえりの地」と呼ばれてきた熊野本宮でも、世界遺産・熊野本宮大社(和...

宇部日報社

小中学校で給食再開

 宇部市内の公立小・中学校は、1日から給食を再開した。消毒など新型コロナウイルス対策が徹底される中での実施となったが、子どもたちは友達と一緒に久しぶりの給食を楽しんだ。    岬小(内田京子校長...

「畜大の酒」スタート 「碧雲蔵」試験醸造 帯広

 帯広畜産大学の構内に整備した酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で1日、試験醸造が始まった。上川大雪酒造(上川管内上川町)の杜氏(とうじ)の川端慎治さんの指導を受け、スタッフらが麹(こうじ)づくりに取...

北羽新報社

能代バスケミュージアムが移転再開

 能代市が平成24年に開設した「能代バスケミュージアム」が1日、同市柳町でリニューアルオープンした。手狭だった畠町から展示スペースが3倍になった空き店舗へ拠点を移し、高校バスケットボールの伝統校・...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク