全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

田園と一体のホテルに 観賞用の稲の苗植え付け

 鶴岡市北京田の田園地帯にある複合型宿泊滞在施設「ショウナイホテル スイデンテラス」の北側エントランス周辺に15日、観賞用の稲の苗が植えられた。スイデンテラスの広報担当者は「日本人の心の原風景ともいうべき田園に囲まれたホテルから、庄内の美しい風景や魅力を発信していきたい」と話している。

 スイデンテラスはヤマガタデザイン(山中大介社長)が運営し昨年9月にオープン。世界的な建築家の坂茂氏が、木造建築が周辺の田園風景に溶け込むようなデザインとして施設を設計した。

 この日は青空が広がる好天の下、エントランス周辺に水を張った約48㌃の水盤に、地元農家が機械で観賞用の稲の苗を植えた。水盤には青空に浮かぶ白い雲やスイデンテラスの建物が映り込み、のどかな風景をつくり出していた。

 スイデンテラス広報担当の長岡太郎さんは「建築当初から計画していた観賞用の稲を植えることで、周辺の田園と一体となった日本でも珍しい景観のホテルとなる。秋には黄金色の稲穂がたなびくなど季節で変化していく風景を楽しんでもらえたら」と話していた。

スイデンテラスのエントランス周辺に観賞用の稲が植えられた

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク