全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

カヌーの国際大会でメダル 冨塚君

出場した全種目でメダルを獲得した冨塚晴之君

 カヌースプリントの国際大会「アジアパシフィックスプリントカップ」が10~12日、ニュージーランドのカラピロ湖であり、田辺工業高校カヌー部3年の冨塚晴之君(17)が個人と団体で出場した全7種目で3位以内に入賞した。このうちU18(18歳以下)男女混合4人乗りの200メートルでは優勝した。

 大会はU21(21歳以下)、U18、U16(16歳以下)の各世代の日本代表選手が、ニュージーランドやオーストラリア、シンガポールなどの同年代の代表選手と競った。
 優勝したU18男女混合4人乗り200メートルは決勝に4艇が出場し、冨塚君を含む日本チームが36秒64を記録した。
 冨塚君は男子カヤックシングル(1人乗り)の200メートルでは予選を通過し、決勝(9艇出場)で40秒63を記録して3位だった。
 この他、U18男子カヤックの4人乗り500メートルで2位、2人乗りと4人乗りの200メートルはいずれも3位。U18の男女3人ずつ6人一組の「ミックスリレー」で3位。U21、U18、U16の各男女1人ずつ6人一組の「ミックスメガリレー」も3位だった。
 冨塚君は今大会で金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル5個を獲得。「国際大会の雰囲気を味わい、海外の選手と交流していい経験ができた。海外の選手は体力やパドルをこぐ速さがあったので、もっと体力や筋力を付けたい」と手応えを語る。
 高校からカヌーを始め、地元の中高生でつくる「田辺カヌースプリントクラブ」にも所属して練習を重ねた。海外派遣選手の選手選考会ではジュニア男子カヤックシングルの200メートルで優勝するなど好成績を残し、初めて日本代表入りした。
 日本代表チームに指導者として同行した田辺工業高の谷地利和教諭(47)は「出場した国は世界でも指折りの強豪。冨塚はこれから世界と戦う上で個人、チームでも自分の持てる力を発揮し、たくさんのレースができたのでいい経験になった」と健闘をたたえた。

関連記事

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

宇部日報社

防災拠点の機能も、小郡地域交流センター完成

 山口市が老朽化に伴い建て替えを進めていた小郡地域交流センター(小郡下郷)が完成した。耐震化したことで地域の防災拠点としての機能を新たに備えた。市は残る外構工事と旧センターからの引っ越し作業を2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク