全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

カヌーの国際大会でメダル 冨塚君

出場した全種目でメダルを獲得した冨塚晴之君

 カヌースプリントの国際大会「アジアパシフィックスプリントカップ」が10~12日、ニュージーランドのカラピロ湖であり、田辺工業高校カヌー部3年の冨塚晴之君(17)が個人と団体で出場した全7種目で3位以内に入賞した。このうちU18(18歳以下)男女混合4人乗りの200メートルでは優勝した。

 大会はU21(21歳以下)、U18、U16(16歳以下)の各世代の日本代表選手が、ニュージーランドやオーストラリア、シンガポールなどの同年代の代表選手と競った。
 優勝したU18男女混合4人乗り200メートルは決勝に4艇が出場し、冨塚君を含む日本チームが36秒64を記録した。
 冨塚君は男子カヤックシングル(1人乗り)の200メートルでは予選を通過し、決勝(9艇出場)で40秒63を記録して3位だった。
 この他、U18男子カヤックの4人乗り500メートルで2位、2人乗りと4人乗りの200メートルはいずれも3位。U18の男女3人ずつ6人一組の「ミックスリレー」で3位。U21、U18、U16の各男女1人ずつ6人一組の「ミックスメガリレー」も3位だった。
 冨塚君は今大会で金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル5個を獲得。「国際大会の雰囲気を味わい、海外の選手と交流していい経験ができた。海外の選手は体力やパドルをこぐ速さがあったので、もっと体力や筋力を付けたい」と手応えを語る。
 高校からカヌーを始め、地元の中高生でつくる「田辺カヌースプリントクラブ」にも所属して練習を重ねた。海外派遣選手の選手選考会ではジュニア男子カヤックシングルの200メートルで優勝するなど好成績を残し、初めて日本代表入りした。
 日本代表チームに指導者として同行した田辺工業高の谷地利和教諭(47)は「出場した国は世界でも指折りの強豪。冨塚はこれから世界と戦う上で個人、チームでも自分の持てる力を発揮し、たくさんのレースができたのでいい経験になった」と健闘をたたえた。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク