全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

トキシラズ旬到来 広尾漁協が本格水揚げ

十勝港で次々と水揚げされるトキシラズ

 日本の200カイリ内で操業する太平洋小型サケマス流し網漁で、広尾漁協所属の漁船2隻が14日午後、十勝港でトキシラズを水揚げした。同漁協所属船の本格的な水揚げは今季初で、浜に活気をもたらした。

 トキシラズは秋に産卵を控えたシロザケで、脂の乗りが良く人気が高い。

 十勝管内では広尾漁協2隻、大樹漁協1隻が操業。広尾の漁船は4日と7日に出港したが、悪天候のため1日で帰港し、ほとんど水揚げがなかった。9日に出港した2隻が5日間操業して帰港した。

 この日は午後5時半ごろに1隻目が到着し、銀色に輝くトキシラズを次々と市場へ運び込んだ。1キロ当たりの価格は1430~2500円で、2キロ以上の大きなものは高値で取引された。

 漁業関係者は「大物は少ないがようやく漁が始まった。さらに量が取れれば」と話していた。漁期は7月7日まで。

 また、春定置網漁は15日に町タニイソ付近の沿岸1カ統に網を設置し、トキシラズの水揚げはこれから本格化する。

関連記事

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開か...

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約5...

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保してお...

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク