全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

酒問屋が日本酒開発 地域活性化に一役

酒問屋の堀忠商店が開発した日本酒「關の葵 交」

 和歌山県田辺市高雄2丁目の酒問屋「堀忠商店」が、日本酒「關の葵 交(せきのあおい こう)」を開発した。地元産米を使用するなど、商品化には地域の多様な人々が携わっている。同店は「酒を通じた交わりから地域を活性化したい」と話している。4月1日から販売する。

 同店は紀南の各店に酒を卸しているが、少子高齢化などによる消費減少に直面していた。専務の堀将和さん(33)は「ここでしか買えない酒をつくり、状況を打開したい」と2016年春に開発に着手。さまざまな「交わり」から自社ブランドを生み出した。  原材料は地元産の熊野米を使用。生産者の「熊野米プロジェクト」(田上雅人代表)はブランド化による農家の収入向上や休耕田の解消に取り組んでおり、日本酒の販売も地域貢献につながると考えた。  製造は、博物学者・南方熊楠の父が創業した「世界一統」(和歌山市)に依頼した。日本酒は酒米が一般的だが、杜氏(とうじ)と打ち合わせを重ね、主食用の熊野米100%で仕上げた。  ブランド作りは、デザイナーやライターらによる異業種チーム「TETAU」(田辺市今福町)と取り組んだ。熊野古道や田辺城下町のツアー、ワークショップを企画し、地域の人々を巻き込んで、ネーミングやデザインを作り上げた。  歴史との交わりもあった。田辺市はかつて熊野詣での宿場町として栄え、酒蔵も多かった。「關の葵」は、1922(大正11)年創業時の自社ブランド。昔のにぎわいを取り戻す酒をよみがえらせたいと、80年ぶりに名称を復活させた。  堀さんは「すっきりとしたやや辛口で、日本酒が苦手な人も飲みやすい。地元はもちろん、観光客にも味わっていただきたい。地元産の酒を飲みながら、大切な人と交わる時間を過ごしてもらえたらうれしい」と話している。  特別純米酒「關の葵 交」は紀南の酒店で販売する。価格は1・8リットルが3480円、720ミリリットルが1530円、300ミリリットルが730円。税抜き。  問い合わせは堀忠商店(0739・22・5050)へ。

関連記事

釧路新聞社

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

「みんな平和の大使」 サンマリノ共和国、カデロ大使が講話 八重山商工高校

 東京五輪パラリンピックのホストタウン交流プログラムの一環として八重山商工高校は27日午前、サンマリノ共和国の駐日大使マンリオ・カデロ氏を招き交流会を行った。カデロ氏は講話で「日本の53%は女性。...

長野日報社

節分へ「福ます」準備 箕輪の無量寺

 箕輪町北小河内の無量寺(中川弘道住職)は「節分」の2月3日、厄除け護摩祈祷会や年男・年女による豆まきを同寺で行う。27日には中川住職が豆まきに使用する福ますや景品のだるまに「福」や「寿」「家...

四季折々の境内へ

豊川の為当稲荷神社「ハナモモの杜」整備  豊川市為当町の為当稲荷神社(山本行洋宮司)で、地元住民でなる「為当ふるさとの森愛護会」(太田秀雄会長)が新たな住民憩いの場「ハナモモの杜」を整備し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク