全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市教委がいじめ相談アプリを導入

ネットいじめの対応を話し合う生徒(常盤中で)

 インターネットを使った交流サイト(SNS)上のいじめが問題となる中、宇部市教育委員会は県内で初めて、匿名で報告や相談ができるアプリ「STOPit(ストップイット)」を導入した。対象は公立中の全1年生1201人。13日の常盤中を皮切りに、2週間かけて全12校でSOSの出し方や脱傍観者教育も行う。    市教委では年2回、持ち帰り式のいじめアンケートを実施。その中で、いじめを受けたとする中学生のうち13・1%が「誰にも相談しなかった」と答え、相談体制の強化が迫られていた。    同アプリを使えば、いじめを見つけた子どもや、いじめに苦しんでいる子どもが、いつでもどこでも報告・相談でき、担当者とのチャットも可能。いじめの早期発見と情報共有、組織的な対応、加えて抑止効果も期待される。    常盤中(田原暢也校長)には、同アプリを提供するストップイットジャパンの谷山大三郎社長ら2人が来校。1年生4クラス(計137人)で、それぞれ啓発授業を行った。ネットいじめの映像を見て自分がどう行動するか2択する内容で、3組では悪口をやめるよう「書き込む」を選択した生徒が27人(82%)に上り「取り返しがつかないことになりそう」などと理由を語った。何も書き込まないを選んだ生徒は「自分もいじめられるかもしれないから」と説明した。    最後に講師が、いじめられている子を心配する人が多いクラスであれば、その雰囲気でいじめがエスカレートするのを食い止める確率が高まる。自分が悩んだり、友達が苦しんだりするいじめやトラブルを、先生、保護者、友達に話しづらければ、電話、メール、アプリでも24時間相談が可能と伝えた。同アプリは子ども専用で、学校で配布されるアクセスコードを入力して利用。報告や相談は直接、教育委員会に届く。    大谷隼也(としや)君は「生徒だけでうまく解決できない場合は、先生に相談した方がいい。映像のケースでは、いじめられた本人も行動を改める必要性があると感じた。さまざまな相談環境があると分かったので、万が一のときには活用したい」と話していた。

関連記事

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

宇部日報社

防災拠点の機能も、小郡地域交流センター完成

 山口市が老朽化に伴い建て替えを進めていた小郡地域交流センター(小郡下郷)が完成した。耐震化したことで地域の防災拠点としての機能を新たに備えた。市は残る外構工事と旧センターからの引っ越し作業を2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク