全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

茨木さんの詩の世界楽しむ

 詩人・茨木のり子さん(1926―2006年)の菩提寺(ぼだいじ)として知られる鶴岡市加茂の浄禅寺(西方信夫住職)で12日、茨木作品の朗読会が行われた。

 加茂地区の赤灯台の保存を呼び掛けたメンバーらでつくる加茂レインボーの会(長谷川芳男代表)が主催。タチアオイやアジサイ、ヤブカンゾウなどさまざまな花が咲く「花微笑(ほほえむ)む寺」の浄禅寺を加茂の文化拠点として広めようと、市民有志による茨木のり子六月の会(黒羽根洋司代表)の協力で2年前から、クリンソウ観賞と合わせて開催している。

 この日は約60人が参加。開会行事で西方住職は「茨木さんのお参りに、全国各地から来ている。先日は韓国から墓参に訪れる人がいた。皆さんからもお参りがてら訪れていただき、加茂の港を一望できる景観を楽しんでもらえれば」とあいさつした。茨木さんの最後の詩集『歳月』に収載された「泉」「町角」「レインコート」「歳月」などの作品を六月の会メンバーが朗読し、林裕子さんが朗読の合間にハープ演奏を披露。最後は参加者全員で「六月」の詩を群読した。朗読会後は遠州流有志による呈茶もあり、参加者たちは地元の女性たちでつくる「おもしろい“かも”」特製のお茶菓子「さざ波の福くるみ餅」と一緒に味わっていた。

茨木さんの菩提寺・浄禅寺で開かれた詩の朗読会

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク