全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広空港 魅力発信で活性化へ 限定グッズや看板設置

空港で販売されている「空」の縫いぐるみ

 帯広空港ターミナルビル(社長・米沢則寿市長)は、空港に親しみを持ってもらうための取り組みを進めている。今年度は同社の公式キャラクター「空(くう)」の縫いぐるみを販売、顔出し看板を1階到着ロビー付近に設置した。

 同社の若手社員で構成する「活性化プロジェクト」の取り組み。プロジェクトではこれまで、公式ホームページの充実やキッズパークの整備などを手掛けた。

 空は2017年に誕生しパネルなどでPRしてきたが、より身近に知ってもらおうと、縫いぐるみの販売を企画した。帯広空港の「限定商品」で大きさは12センチ、1個900円。2階の土産品売り場3店舗とレストランで販売している。

 縫いぐるみはキーホルダー(600円)、ピンバッジ(400円)と合わせて好評で、今後、販売店舗を増やす考え。新グッズの導入も検討している。

1階到着ロビー付近に設置されている顔出し看板

 顔出し看板は縦1.8メートル、横1.1メートルの大きさで、日本航空(JAL)の協力を受けて制作した。帯広空港に駐機した飛行機のコックピットの写真を背景に、制服姿のパイロットと客室乗務員がイラストで描かれ、3人の顔が出せるようになっている。コックピットの写真を使った看板は全国的にも珍しい。

 JALは定期的に制服をリニューアルしており、次回の更新時に看板も差し替える。JAL帯広空港所は「子どもの他、飛行機好きの大人にも楽しんでもらえるのでは」と話している。

 帯広空港ターミナルビルは今後も、空港で楽しく過ごしてもらうための取り組みを進める考え。「利用客に楽しんでもらい、空港に親しみを持ってもらえれば」としている。

関連記事

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

宇部日報社

防災拠点の機能も、小郡地域交流センター完成

 山口市が老朽化に伴い建て替えを進めていた小郡地域交流センター(小郡下郷)が完成した。耐震化したことで地域の防災拠点としての機能を新たに備えた。市は残る外構工事と旧センターからの引っ越し作業を2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク