全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

第5回石垣島ウルトラマラソン 雄大な自然楽しみ走破 過去最多の499人が出場

第5回ウルトラマラソン大会。朝日を浴びながらスタートするウルトラランナーら=12日午前7時ごろ、サッカーパークあかんま

 第5回石垣島ウルトラマラソン(同実行委員会主催)が12日、メイン会場のサッカーパークあかんまを発着点に崎枝半島を反時計回りで周回する最長60㌔のコースで開かれ、全国各地や海外から過去最多の499人のウルトラランナーが参加、457人が完走した。完走率は91・6%。334人が出場した60㌔では、男子は深堀洋介さん(38)=東京都=が5時間14分16秒、女子は吉村友香さん(44)=島根県=が5時間14分45秒でそれぞれ初優勝を飾った。

 閑散期のサッカーパークあかんまを利活用しようと大会誘致が実現し、2015年から毎年開催されている。32㌔に92人、ことし新設された43㌔には73人が出場した。

 コース途中にはエイドステーションが設けられ、名蔵と崎枝の各公民館では、住民らの協力で用意された一口おむすびや焼きそば、もずく入りのヒラヤーチーなど手作りの軽食が振る舞われた。ランナーらが水分やエネルギーを補給したり、地域の子どもたちと一緒に写真を撮ったりしながら思い思いのペースでロングランを楽しんだ。

 この日は晴れ曇りの天気で最高気温29・6度、最高湿度91%と過酷なコンディションとなったが、所々でにわか雨が降り、ランナーらの背中を押した。

 男子1位の深堀さんは「宮古島100㌔マラソンで途中リタイアしたので石垣島でリベンジできてよかった」と会心の笑み、女子1位の吉村さんも「パイン畑に囲まれたコースの景色が良かった。もう一度景色を見ながら走りたい」と満足気そう。

 大会誘致に関わった嘉数博仁大会長は「ウルトラマラソンの友情の輪を幾重にも広げていきたい。これからもいろいろな用途であかんまを利用してもらいたい」と期待を込めた。

 レース終了後はあかんまで後夜祭が行われ、参加者らが石垣牛のバーべキューなど島の味に舌鼓を打ち、音楽ライブに酔いしれた。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク