全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

水上バイクで与那国へ 姉妹都市、花蓮市の交流団85人来島

西崎灯台下をしぶきを上げてナーマ浜に到着した44台の水上バイク=11日、ナーマ浜午後5時10分ごろ

 【与那国】姉妹都市の台湾花蓮市の交流団85人が11日午後5時10分ごろ、水上バイク44台と伴走船2艇で久部良ナーマ浜に到着、町民の歓迎を受けた。一行は水上バイクなどで9日に石垣入りして11日午前11時30分に石垣港を出港した。交流団の水上バイクでの与那国島入りは7年ぶり。台湾の水上バイク仲間が行う親善交流の一環。交流団リーダーの林信吉さん(花蓮縣水上バイク協会理事長)は「雨の中、温かい歓迎ありがとう」と手を振りお礼を述べた。

 到着予定のナーマ浜では人だかりができ町民の一人は大きな水しぶきを上げて浜に向かってくる水上バイクに手を振りながら「すごいね。ほんとに海を走ってきたの」と、信じられないといった表情。花蓮市のカーニバルでエイサーを踊り交流したことがある青年会メンバーの一人、松田奈々さん(町役場勤務)は「水上バイクでの交流団は初めて見た。交流が続くといい」と声を高ぶらせた。 

 2012年の姉妹都市締結30周年記念の年では花蓮港から直接、久部良港へ乗り入れている。 外間守吉町長は「ゆっくり島を満喫してください。安全にお帰りになることを願っている」と再度の交流団の到着を喜んだ。

 観光客は「すごい」と水上バイクの台数に驚き興奮気味。交流団は13日まで滞在。水上バイク体験交流で町民と触れ合い、島内観光を楽しんだ後、同日午前9時にナーマ浜から花蓮港へ向け出発する。(田頭政英通信員)

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク