全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高木姉妹 下車し交流も 出発は札内支所 22日のパレード 幕別

五輪で計5個のメダルを獲得した(左から)高木菜那選手、美帆選手の姉妹

 幕別町は29日午前、平昌五輪女子スピードスケート競技で金メダルを含む計5つのメダルを姉妹で獲得した町出身の高木菜那選手(25)、美帆選手(23)の凱旋(がいせん)パレードや町民報告会(ともに4月22日、町札内)の詳細を発表した。パレードは午後1時に札内コミュニティプラザ(札内支所)を出発し、報告会を行う町百年記念ホールまでの約1.2キロを30分ほどかけて進むルート。途中に小学生限定で両選手と交流できる「子どもふれあいゾーン」を設ける。

 町と町内7団体でつくる「2018平昌オリンピック出場選手を応援する会実行委員会」(柿崎俊男会長)の主催。パレードはオープンカーを使用し、札内支所から東へ進んで白人小学校の前を通過し、国道38号を横断。同ホール前特設会場に午後1時半ごろ到着し、両選手があいさつなどを行うセレモニーを開く。

 子どもふれあいゾーンは札内スポーツセンター前の駐車場約180メートルに設置し、両選手はそのゾーンのみ車を降りて小学生とハイタッチなどで触れ合う。

 当日正午から入場を受け入れ、多数の場合は、入場を制限する。未就学児は不可。

 町民報告会は午後2時半から約1時間、町からの特別な賞の贈呈や高木姉妹のトークショーなどを行う。対象は町に住民票がある人で定員700人。入場無料。来場者には記念品を配布する。

 報告会は町への事前申し込み制。往復はがきのみで受け付ける。4月11日午後5時半必着。応募多数の場合は抽選とする。

 詳細は町のホームページに掲載。問い合わせは町政策推進課(0155・54・6610)へ。

 柿崎会長は「子どもたちとの触れ合いは高木両選手やその家族の意向を反映した。金メダリストを間近で見て、改めて感動してもらえるイベントにしたい」と話している。

 五輪では菜那選手が団体追い抜きとマススタートで2冠、美帆選手は団体追い抜きで金、1500メートルで銀、1000メートルで銅メダルを獲得した。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク