全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

採蜜始まる ミカンの蜂蜜として人気

ミツバチが飛び交う中、巣箱から巣板を取り出す作業員(11日、稲成町で)

 和歌山県の田辺・西牟婁や御坊・日高で、養蜂業者によるセイヨウミツバチの採蜜作業が始まった。特産のミカンの花から集めた蜂蜜で、今月下旬まで続く。
 養蜂業は有田地方で盛んだが、田辺・西牟婁や御坊・日高では約20戸が活動しているという。
 みなべ町晩稲の養蜂業、山本承弘さん(71)は11日から始めた。御坊市から田辺市までのミカン畑周辺8カ所に約240個の巣箱を置いており、順番に蜂蜜を採取していく。
 この日、田辺市稲成町で採蜜した。山本さんら作業員7人がハチを落ち着かせるため、巣箱に煙をかけながら素早く巣板を取り出し、すぐに遠心分離器にかけて蜂蜜を容器に流し込んだ。
 山本さんによると、1箱で約5キロの蜂蜜が採れるが、今季は花が少ないことで、蜂蜜も少ないのではないかという。蜂蜜は海外産がほとんどで、国産は貴重。県内産はミカンの産地を生かした蜂蜜で「いい香りはもちろん、適度な酸味があり、口当たりがよい。ミカンの蜂蜜として人気」と話す。
 山本さんらはミカンの後、ハゼの花から集めた蜂蜜も採取。6月に北海道に移り、11月までボダイジュやキハザ、アザミなどの蜜を集める。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク