全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ZERO」開発に協力を 道内企業に説明 IST社長 札幌

MOMO3号機の打ち上げの様子や機体について説明する稲川社長

 道は10日、道庁別館で小型ロケット開発に関する説明会を開いた。観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の宇宙空間への打ち上げに成功したインターステラテクノロジズ(IST、大樹町)の稲川貴大社長らがロケットの仕組みや部品を説明し、道内企業との共同開発も含め支援を呼び掛けた。

 成長が期待される宇宙産業について道内企業の理解を深めるのが狙い。メーカーの担当者ら約30人が参加した。

 稲川社長は、「今回の成功を機に次のステップに進みたい」と語り、人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発に向けて「加工の難度が上がる。社内の体制や設備だけでは足りず、多くの方の協力をいただきたい」とした。

 同社開発部の中神一広氏が機体の部品や材料を説明し、「道内の加工業者と連携を取り、開発のスピードを上げていきたい」と語った。

 説明会後、稲川社長は報道陣の質問に対し、「ロケットを低コストにするコンセプトは変わらない。宇宙専用の設備ではなく、他の産業でも使われているものを活用することでコストを下げたい」と今後の方針を語った。

 射場整備については「和歌山県では、大型の射場建設のために県が融資をしたと聞いている。現在のわれわれの射場は最低限の設備しかない。きちんとした射場にしていくために、道路などのインフラ整備について行政の力を借りたい」と道の支援を求めた。

関連記事

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

荘内日報社

スワンスケートリンク営業開始

 酒田市入船町のスケート場「スワンスケートリンク」が16日、今シーズンの営業を開始した。リンクに氷を張る機械の故障で、当初の予定より2週間遅れとなったが、待ちかねた家族連れらが繰り出し、初滑りを楽しん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク