全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ZERO」開発に協力を 道内企業に説明 IST社長 札幌

MOMO3号機の打ち上げの様子や機体について説明する稲川社長

 道は10日、道庁別館で小型ロケット開発に関する説明会を開いた。観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の宇宙空間への打ち上げに成功したインターステラテクノロジズ(IST、大樹町)の稲川貴大社長らがロケットの仕組みや部品を説明し、道内企業との共同開発も含め支援を呼び掛けた。

 成長が期待される宇宙産業について道内企業の理解を深めるのが狙い。メーカーの担当者ら約30人が参加した。

 稲川社長は、「今回の成功を機に次のステップに進みたい」と語り、人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発に向けて「加工の難度が上がる。社内の体制や設備だけでは足りず、多くの方の協力をいただきたい」とした。

 同社開発部の中神一広氏が機体の部品や材料を説明し、「道内の加工業者と連携を取り、開発のスピードを上げていきたい」と語った。

 説明会後、稲川社長は報道陣の質問に対し、「ロケットを低コストにするコンセプトは変わらない。宇宙専用の設備ではなく、他の産業でも使われているものを活用することでコストを下げたい」と今後の方針を語った。

 射場整備については「和歌山県では、大型の射場建設のために県が融資をしたと聞いている。現在のわれわれの射場は最低限の設備しかない。きちんとした射場にしていくために、道路などのインフラ整備について行政の力を借りたい」と道の支援を求めた。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク