全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

鳥インフルの季節過ぎ、ハクチョウを湖に 常盤公園

 常盤公園の白鳥湖に9日、コブハクチョウのつがいが半年ぶりに放たれた。渡り鳥の飛来シーズンを過ぎ、高病原性鳥インフルエンザに感染するリスクが低くなったため。2羽は羽ばたきながら着水し、ゆっくりと泳いだ。  

湖に放たれたコブハクチョウ(常盤公園で)

 かつて同公園が下関響灘ライオンズクラブに贈り、下関市の深坂ため池で飼われていたコブハクチョウの子孫。2017年に2羽を同クラブから譲り受け、感染リスクが高い11~4月は湖近くの飼育場、5月からは湖に放している。    飼育員が1羽ずつ両腕で抱えるようにして飼育場から運び出し、水際に放った。担当飼育員の高司佳秀さん(28)は「移動中にハクチョウがいつもと違う雰囲気を感じ取って少し騒いだが、無事に移動でき、ほっとした」と話した。    まずは湖の一部をネットで仕切った約1000平方㍍で新しい環境に慣れさせる。その後はネットの外に出し、常盤湖全体を行き来できるようにする。    常盤公園は1957年から、オランダのシンブルグ動物園などから購入したハクチョウを飼育していた。2011年に野鳥とコクチョウの死骸から致死率が高い高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、322羽を殺処分。飼育の再開は17年から。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク