全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊野古道とスペインの巡礼道 85歳で踏破

「二つの道の巡礼者」の証明書を手にする田中淑副さん(田辺市中辺路町近露で)

 和歌山県田辺市中辺路町近露の田中淑副さん(85)が、世界遺産熊野古道とスペイン・サンティアゴ巡礼道を両方踏破した「二つの道の巡礼者」に登録された。市観光振興課によると、2千人を超える登録者の中で、85歳は最高齢という。

 「二つの道の巡礼者」は田辺市とスペイン・ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラ市の共同企画。両巡礼道を一定区間歩いた人に証明書を発行している。両巡礼道は姉妹道提携しており、田辺市や県、ガリシア州は共同で観光PRしている。
 田中さんは4月、スペイン北部ペルスカージョからサンティアゴ市まで約107キロを6日間かけて歩いた。道は高低差が少なく、楽に歩けたという。「古い教会が残る街中や牧場が広がる郊外など、沿道の風景も異国情緒があふれていた」と振り返る。
 驚いたのは歩く人の多さ。「熊野古道の50倍はいると感じた。みんなとても友好的で、気軽に声を掛けてくれた。こんなに世界中から人が集まる巡礼道で、熊野古道をPRしてくれている。熊野古道にも外国人客はもっと増えるはず」と期待する。
 サンティアゴ巡礼道では、一定区間ごと、分岐点ごとにホタテ貝が描かれた道標が設置されていた。「言葉が分からない異国で、1人歩いても、迷う不安がまったくなかった。古道にもこうした道標がもっと必要」と指摘した。
 熊野古道は何度も歩いたことがあったが、踏破の証明書を持っていなかったため、昨年11月に滝尻王子から熊野本宮大社まで改めて歩いた。「日本の原風景がある」と魅力を再認識した。  田中さんは「巡礼道歩きは年を取っても自分のペースで楽しめる。地元の人にも、二つの道をもっと歩いてもらえるよう、体験を伝えていきたい」と話している。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク