全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「MOMO」成功に大樹町活気 グッズ人気

道の駅コスモール大樹に並ぶMOMOグッズ。Tシャツの人気が高い

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)による観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げが成功し、道の駅コスモール大樹ではモモのグッズが人気が集めている。このほか、町が行っているふるさと納税制度を活用したクラウドファンディング(CF)でも、ISTへの支援額が打ち上げ成功後に急増するなど反響がある。

 同道の駅では3号機にちなんだ商品として、黒とオレンジの2種類をそろえたTシャツ(2000円)やミッションマークのステッカー、シール(ともに400円)を販売。このほか、初号機、2号機のグッズ、宇宙食などの宇宙関連商品も扱っている。

 道の駅を運営する町商工会(三浦祥嗣会長)によると、打ち上げが成功した4日には、IST関連商品の売上額が1日当たりの過去最高となる約13万円(90点)を記録した。

 当初打ち上げを予定していた4月30日は約6万円分(40点)が売れたほか、特産品を含めた全体の売上額では1日当たりの過去最高を達成。ゴールデンウイーク期間の全体の売上額も過去最高だった昨年同時期の約1.3倍に達した。

 道の駅を担当する佐藤公亮主事は「打ち上げの延期が続き、観覧に訪れた人にとっては残念だったが、ロケット目当ての来町者が継続したことで経済効果は大きかった」と“モモ特需”を喜ぶ。

 一方、町が4月11日から行っているISTを支援するCFも関心が高まっている。

 打ち上げ前日の3日時点の寄付額は18人による36万円だったが、8日現在では42人から101万5000円が寄せられ、人数、金額ともに一気に増えた。

 町企画商工課は「宇宙に到達したことで注目度が高まり、町としても喜ばしい。応援の呼び掛けがしやすく、さらに支援が集まるのでは」と期待を寄せている。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク