全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

令和初の大祭へ始動 御柱仮見立て

最も太い秋宮一の候補木の仮見立て。3年後の御柱祭に向けて、奥山に熱気が広がった=下諏訪町の東俣国有林

 2022(令和4)年の諏訪大社式年造営御柱大祭に向け、下社の御用材となるモミの仮見立てが9日、下諏訪町の東俣国有林で行われた。諏訪大社の神職、下社御柱祭に奉仕する岡谷、下諏訪、上諏訪の大総代、氏子ら約350人が山に入り、下社春宮、秋宮の境内に曳き建てる御柱の候補木8本を選定。里をにぎわす3年後の大祭に思いをはせる氏子らの熱気が、早くも新緑の山中に漂った。

 参加者らは午前7時20分ごろ下諏訪町の諏訪大社秋宮を出発し、現地に向かう途中、同町萩倉の斧立社を参拝。安全を祈願した後、八島駐車場に移動して出発式に臨んだ。北島和孝宮司は「私たちの代で終えることのできない祭り。子や孫に引き継ぐための努力をしてほしい。山を荒らさず、なすべきことをなして山の神を怒らせないうちに」とし、集まった氏子や関係者に協力を求めた。

 見立てはしきたりに従って春宮一の御柱から始まった。伐採予定場所は、前回春宮一の御柱を切り出した斜面の下方。北島宮司が「この候補木を春宮一の御柱として仮見立てしてよろしいでしょうか」と諮ると、大木を囲む氏子らから一斉に「よーし」の声が上がった。

 満場一致で選定された候補木には「春宮一之御柱」の木札がくくり付けられ、祭りへの期待と感謝の気持ちを込めて下諏訪町木遣保存会のメンバーがさっそく木やりを披露。山中に名調子を響かせていた。

 全ての候補木を選定後、岡谷、下諏訪、上諏訪の大総代でつくる下社三地区連絡会議の北村卓也会長(65)=岡谷市銀座=は「天気にも恵まれ、大変良い仮 見立てができた。前回と比べても立派な候補木がそろった」と感謝。3年後の御柱 祭を見据え「氏子の熱意をひしひしと感じている。事故なく安全で素晴らしいと全国、世界から賛辞をいただけるような祭りにしていきたい」と気を引き締めた。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク