全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城市が総務大臣賞

世界の「新しい城」交流を評価

 総務省と自治体国際化協会が主催する第13回自治体国際交流表彰で、新城市が最高位の総務大臣賞を受賞した。同市など世界にある“新しい城”を意味する17都市で取り組む「ニューキャッスル・アライアンス交流事業」が評価された。

 表彰には市が応募。20年以上続く活動と創意と工夫に富んだ取り組みとして認められた。  同市は1998(平成10)年度から交流事業を始め、2年に一度のペースで加盟都市を会場に会合を行ってきた。  昨年10月3~9日には同市で第11回の会合を行い、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど13カ国15都市が参加。各都市の代表者で共同声明を採択し、今後の文化、教育、観光などで一層の親交を深めるほか、会議期間中に経済交流会を企画、開催をしていくことを決めた。  期間中には新城市民らも海外からの参加者をもてなして親睦を深めた。  9日、東京都内の総務省に穂積亮次市長らが訪れ、鈴木淳司副大臣から表彰状を受けた。  鈴木副大臣は「名前が同じ都市の人たちが継続して集うことがすばらしい」と語り、穂積市長は「昨年参加した市民らと一緒に喜びを分かち合いたい」と感想を述べた。

関連記事

宇部日報社

小中学校で給食再開

 宇部市内の公立小・中学校は、1日から給食を再開した。消毒など新型コロナウイルス対策が徹底される中での実施となったが、子どもたちは友達と一緒に久しぶりの給食を楽しんだ。    岬小(内田京子校長...

「畜大の酒」スタート 「碧雲蔵」試験醸造 帯広

 帯広畜産大学の構内に整備した酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で1日、試験醸造が始まった。上川大雪酒造(上川管内上川町)の杜氏(とうじ)の川端慎治さんの指導を受け、スタッフらが麹(こうじ)づくりに取...

北羽新報社

能代バスケミュージアムが移転再開

 能代市が平成24年に開設した「能代バスケミュージアム」が1日、同市柳町でリニューアルオープンした。手狭だった畠町から展示スペースが3倍になった空き店舗へ拠点を移し、高校バスケットボールの伝統校・...

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク