全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市の新山診療所が閉所 地域医療担い63年余

新山診療所に別れを告げる受診者や医療スタッフら

 伊那市が富県新山地区で運営してきた国保新山診療所の閉所式が28日、新山集落センターで開かれた。地元関係者ら約20人が出席。地域医療を担った63年余りを振り返り、感謝と共に別れを告げた。既に通常診療は終えて今月末で廃止。受診していた4人は、交通手段の確保などによりほかの医療機関に通院する。

 新山地区保健相談所が前身で、1954年11月に新山診療所として診療を開始。数回の休止も経て市内の別の診療所の医師が兼任するなど、現状では毎週水曜日の1時間のみ開設していた。

 2010年に12人だった受診者は3分の1に減少。診療を兼任していた長藤診療所(高遠町)の鈴木貴民医師の負担も大きく、来年度末で定年を迎えることから、受診者数、医師確保の両面から廃止することになった。

 式で白鳥孝市長は「一抹の寂しさもあるが、閉所後の今後についてもしっかりとケアしていく」とあいさつ。石原信行新山区長会長は「この地域になくてはならない診療所だった。長きに渡りお世話になりました」と惜しみ、09年から診療にあたった鈴木医師は「今後はITなども活用して過疎地域の医療を克服してほしい」と話した。

 式には4人の受診者も出席し、88歳の女性は「診療所が近くにあることで頼りがいがあり、安心感があった」と振り返った。市は受診者の代替医療機関への通院手段確保として、公共路線バスを医院経由にするルートの一部変更を行い、ダイヤの関係から片道のタクシー代分の交通費を補助する。診療所の後利用については、地元の要望も聞きながら地域の振興に活用する。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク