全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本の技術学びたい 萩原建設工業にベトナムの2人 帯広

 萩原建設工業(帯広、萩原一利社長)が今年度、ベトナム国籍のグェン・タン・ヒューさん(31)とレ・ハイ・クォンさん(27)を正社員として採用した。同社が正社員として外国籍の人材を採用するのは初めてで、現場の安全や品質を管理する施工管理に関わるのは道内でも少ない事例。現場に外国人労働者が増える中、橋渡しとしての役割も期待され、2人は「日本の技術を学び、地域に貢献したい」と張り切っている。

「地域に貢献したい」と抱負を述べる(左から)ヒューさんとクォンさん

 同社の協力会社では外国人労働者が増えており、施工管理の面でそうした動きに対応する必要があった。4月には外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が施行され、十勝でも今後、外国人材の受け入れは加速する見通し。

 同社は道内各大学と採用活動の情報交換をする中で、日本企業への就職を希望する2人と出会い、試験を経て採用に至った。正社員の外国人が施工管理の仕事に携わる例としては札幌の大手建設会社などの例はあるが、帯広建設業協会は「十勝管内では初めての事例ではないか」とする。

 ヒューさんとクォンさんは「日本の建築技術を学びたい」との思いで、ともに2013年に来日。日本語学校に通い、15年に星槎道都大(北広島市)建築学科に入学した。

 萩原建設工業については就職情報サイトを通じて知り、それぞれ「100年の歴史がある大きな会社」(ヒューさん)、「多様な工事を行っており、いろいろな経験ができる」(クォンさん)と入社を決めた。十勝は学生時代に訪れたことがあり、ヒューさんは「自然がとてもきれいで住みやすい」、クォンさんは「豚丼などの食がおいしい」と好印象。同期入社の社員とは、食事に出掛けるなど懇親を深めている。

 2人は建築部工務課に配属され、1カ月の研修期間を経て、今後本格的に施工管理の仕事に携わる。現場の写真撮影や、危険な状態で作業をする人がいないかを確認する安全管理からスタートし、約2年ほどたつと資材発注業務も担う。将来的には現場代理人を目指していく。

 2人は「技術・人文知識・国際業務」の5年の在留資格を取得しており、日本の永住を希望している。ヒューさんは「大きな建物の計算や発注に関わり、将来は自分の家を自分で建てたい」、クォンさんは「早く現場経験を積んで、現場監督になりたい」と目標を話している。

関連記事

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

荘内日報社

スワンスケートリンク営業開始

 酒田市入船町のスケート場「スワンスケートリンク」が16日、今シーズンの営業を開始した。リンクに氷を張る機械の故障で、当初の予定より2週間遅れとなったが、待ちかねた家族連れらが繰り出し、初滑りを楽しん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク