全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

2万9867人が利用 県立石垣青少年の家

2018年度は2万9867人の利用があった県立石垣青少年の家=2018年5月5日

 県立石垣青少年の家(新善國所長)の2018年度利用者は2万9867人と前年度の2万7667人より8%増えた。1978年の開所以来、延べ利用者数は88万4540人となった。学校の宿泊学習、部活動や少年スポーツ団の練習などに活用されているほか、社会人サークル活動の場にもなっている。カヌー体験や登山、こども祭りなど主催事業には多くの地元親子らが参加した。

 同家は豊かな自然環境と宿泊機会を提供することで、青少年の健全育成と社会教育に寄与することを目的とした施設。2012年からは、県の指定を受けたNPO法人八重山星の会(通事安夫会長)が運営している。

 18年度は、主催事業の市民向け三線教室や少年スポーツ団の利用など社会教育目的の利用が最も多く、1万2769人と約4割を占めた。社会人サークルの定期的な練習場としての利用は約3割に当たる8099人だった。 

 利用形態では日帰りが89%、1泊2日が7%、2泊3日以上が4%。2泊3日以上の宿泊は、主に郡内離島や沖縄本島の児童生徒が石垣島に遠征した際の利用。1泊2日の利用は学校の宿泊学習など。

 教育施設のほか地域の団体、企業なども宿泊計画を申請すれば利用できる。宿泊定数は210人で、60人収容の大研修室や体育館、キャンプ場などがある。宿泊利用に限り、カヌーやライフジャケットは無料。施設背後の「市民の森」で散策、生き物観察なども体験できる。問い合わせは(83−7901)。

関連記事

紀伊民報社

ねんりんピック開幕

 高齢者の健康と福祉の全国大会「ねんりんピック紀の国わかやま2019」(第32回全国健康福祉祭和歌山大会)が9日、開幕した。県内初開催。12日までの4日間、県内21市町でスポーツ・文化の27種目...

長野日報社

結婚式の準備着々 赤穂高商業科3年生が企画

赤穂高校(長野県駒ケ根市)商業科3年の有志14人が企画し、駒ケ根市の駒ケ根高原にある「古民家ウェディング音の葉」で12月8日に催す結婚式の準備が進んでいる。式の主役となるカップルが決まり、関係者...

結あかりで平和を願う 八重農生、手作り灯籠灯す

 八重山農林高校(山城聡校長)ライフスキル科の1~3年生約80人は7日夕、被災地の復興や世界平和を祈って手作りの灯籠をともす毎年恒例の取り組み「結あかり」を同校中庭で行い、黙とうをささげた。  ...

長野日報社

山の楽しみ方いろいろ 茅野市民館で山岳イベント

山岳トークや山道具の展示などを行う「八ケ岳マウンテンミーティング2019」は4日、茅野市の茅野市民館で開いた。山に関わる専門家によるトークや、テントや山道具などの展示、山でのおいしいお茶の入れ方...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク