全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

2万9867人が利用 県立石垣青少年の家

2018年度は2万9867人の利用があった県立石垣青少年の家=2018年5月5日

 県立石垣青少年の家(新善國所長)の2018年度利用者は2万9867人と前年度の2万7667人より8%増えた。1978年の開所以来、延べ利用者数は88万4540人となった。学校の宿泊学習、部活動や少年スポーツ団の練習などに活用されているほか、社会人サークル活動の場にもなっている。カヌー体験や登山、こども祭りなど主催事業には多くの地元親子らが参加した。

 同家は豊かな自然環境と宿泊機会を提供することで、青少年の健全育成と社会教育に寄与することを目的とした施設。2012年からは、県の指定を受けたNPO法人八重山星の会(通事安夫会長)が運営している。

 18年度は、主催事業の市民向け三線教室や少年スポーツ団の利用など社会教育目的の利用が最も多く、1万2769人と約4割を占めた。社会人サークルの定期的な練習場としての利用は約3割に当たる8099人だった。 

 利用形態では日帰りが89%、1泊2日が7%、2泊3日以上が4%。2泊3日以上の宿泊は、主に郡内離島や沖縄本島の児童生徒が石垣島に遠征した際の利用。1泊2日の利用は学校の宿泊学習など。

 教育施設のほか地域の団体、企業なども宿泊計画を申請すれば利用できる。宿泊定数は210人で、60人収容の大研修室や体育館、キャンプ場などがある。宿泊利用に限り、カヌーやライフジャケットは無料。施設背後の「市民の森」で散策、生き物観察なども体験できる。問い合わせは(83−7901)。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク