全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

塩嶺小鳥バスの運行開始 6月30日まで毎週日曜日

野鳥観察を楽しむ参加者=岡谷市郊外の塩嶺小鳥の森

岡谷市郊外の塩嶺小鳥の森で野鳥を観察する同市の「塩嶺小鳥バス」が5日、今シーズンの運行を開始した。1954年から始まり今年で66回目。初日は諏訪地域を中心に約90人が参加した。日本野鳥の会諏訪支部の林正敏支部長が案内し、朝の森を歩きながら小鳥の声に耳を澄ませた。6月30日まで毎週日曜日の朝運行する。

林支部長によると、今の時期は樹木の葉があまり出ていないため、野鳥観察に適している。森の中ではヒガラ、ヒヨドリ、イカルなど独特のリズムで鳴く声や、キツツキが木をつつく軽快な音が聞こえた。曲がったしっぽを持つエナガ、真っ青な体毛が特徴的なオオルリの姿も見られた。

参加者たちは双眼鏡をのぞき込んで観察した。林支部長が「小鳥の鳴き声は大きく分けて3種類。『さえずり』は雄が雌に求愛する時に発する鳴き声のこと。訓練を重ねることできれいな鳴き方を習得する」と紹介すると、興味深そうに鳥の声がする方へ耳を傾けた。

同市長地小6年の男子児童は「知ってる鳥を何羽か見た。いろんな鳥の声を聞くことができてすごく楽しかった」と笑顔だった。

塩嶺小鳥バスは諏訪市のJR上諏訪駅西口を発着点に、下諏訪町、岡谷市内の計11カ所に停留する。料金は諏訪市内乗車1200円、下諏訪町・岡谷市内乗車1000円。小学生はそれぞれ半額。事前申し込み不要。双眼鏡、ワイヤレスレシーバーの無料貸し出しがある。問い合わせは岡谷市商業観光課(電話0266・23・4811)へ。

関連記事

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

16日に九州人形劇フェス 8年ぶりの石垣島開催

 「第56回九州人形劇フェスティバル~石垣島大会~」(九州人形劇サークル協議会主催)が16日、大浜公民館で開かれる。石垣島大会は8年ぶり。同協議会に加盟する児童文化サークルくにぶん木の会(池田哲子...

映画「ゾッキ」の撮影順調

蒲郡で3監督がロケの中間報告  蒲郡市内で撮影が行われている映画「ゾッキ」の監督を務める俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工さんの3人が9日夕、報道陣にロケの中間報告をした。齊藤さんは「順調に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク