全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

塩嶺小鳥バスの運行開始 6月30日まで毎週日曜日

野鳥観察を楽しむ参加者=岡谷市郊外の塩嶺小鳥の森

岡谷市郊外の塩嶺小鳥の森で野鳥を観察する同市の「塩嶺小鳥バス」が5日、今シーズンの運行を開始した。1954年から始まり今年で66回目。初日は諏訪地域を中心に約90人が参加した。日本野鳥の会諏訪支部の林正敏支部長が案内し、朝の森を歩きながら小鳥の声に耳を澄ませた。6月30日まで毎週日曜日の朝運行する。

林支部長によると、今の時期は樹木の葉があまり出ていないため、野鳥観察に適している。森の中ではヒガラ、ヒヨドリ、イカルなど独特のリズムで鳴く声や、キツツキが木をつつく軽快な音が聞こえた。曲がったしっぽを持つエナガ、真っ青な体毛が特徴的なオオルリの姿も見られた。

参加者たちは双眼鏡をのぞき込んで観察した。林支部長が「小鳥の鳴き声は大きく分けて3種類。『さえずり』は雄が雌に求愛する時に発する鳴き声のこと。訓練を重ねることできれいな鳴き方を習得する」と紹介すると、興味深そうに鳥の声がする方へ耳を傾けた。

同市長地小6年の男子児童は「知ってる鳥を何羽か見た。いろんな鳥の声を聞くことができてすごく楽しかった」と笑顔だった。

塩嶺小鳥バスは諏訪市のJR上諏訪駅西口を発着点に、下諏訪町、岡谷市内の計11カ所に停留する。料金は諏訪市内乗車1200円、下諏訪町・岡谷市内乗車1000円。小学生はそれぞれ半額。事前申し込み不要。双眼鏡、ワイヤレスレシーバーの無料貸し出しがある。問い合わせは岡谷市商業観光課(電話0266・23・4811)へ。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク