全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別「熱中カフェ」本格始動 更農高生運営「地域交流の場に」

 十勝さらべつ熱中小学校(村更別南1線93)の敷地内に建つコンテナハウスを利用し、更別農業高校の生徒がプロデュース・運営する「熱中カフェ・Kalanchoe(カランコエ)」が1日、本格オープンした。来客数は4月29日のプレオープンには及ばなかったが、曇り空の下、30組以上が来店し、にぎわった。

熱中カフェを開店させた更別農業高の生徒たち

 昨年12月に熱中カフェの存在を知った更別農業高校の生徒たちが「カフェをやってみたい」と関心を示したことがきっかけ。同敷地内のレストラン「熱中食堂」の川口達也シェフが、営業のめどが立っていなかったカフェを稼働させたいと模索していたこともあり、地元の高校生を雇用して開店することにした。

 カフェでは、コーヒーやソフトクリーム、クロワッサンなどを提供するほか、地元企業と更別農業高が共同開発したレトルトカレーなども販売している。

 カフェ名の「カランコエ」は花の名前で、花言葉は「たくさんの小さな思い出」。店名を提案した同校2年の菅原早久良さん(16)は「花言葉の通り、お客さまがカフェで小さな思い出をたくさんつくってくれるとうれしい」、3年の広田結衣さん(17)は「地域の人が楽しく交流できる場にしたい」とカフェの開店に懸ける意気込みを語った。

 カフェでは今後、地元の野菜を使いスムージーなどを提供する予定。新メニューはこれから高校生スタッフが考えていく。

 高校生のカフェ運営をバックアップする川口シェフは「令和元旦にオープンしたこのカフェが地元に根付き、地域おこしの一環になれば」と話している。

 営業は土・日曜、祝日の午前11時~午後3時(テスト期間や学校行事の日などを除く)。カフェスタッフを志望する地元の高校生も募っている。問い合わせは熱中食堂(0155・67・5959)へ。

関連記事

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

荘内日報社

スワンスケートリンク営業開始

 酒田市入船町のスケート場「スワンスケートリンク」が16日、今シーズンの営業を開始した。リンクに氷を張る機械の故障で、当初の予定より2週間遅れとなったが、待ちかねた家族連れらが繰り出し、初滑りを楽しん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク