全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

【10連休特集】まさに「蟻の熊野詣で」 にぎわう熊野三山

多くの参拝者でにぎわう熊野本宮大社の旧社地・大斎原への道(4日午前10時半ごろ、田辺市本宮町で)

 大型10連休が終盤に入った。天候にも恵まれ、観光地は多くの観光客でにぎわっている。世界遺産の熊野三山は「蟻(あり)の熊野詣で」をほうふつさせるほど。一方、Uターンラッシュも始まり交通網が混雑し、道路は北進、南進ともに渋滞している。

 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社には連日、多くの参拝者が訪れている。とりわけ新元号の日付が入った御朱印を求める参拝者で列ができている。大社は「ゴールデンウイークの1日当たりの人出としては、これまでで最も多いのでは」と話す。
 大社から旧社地・大斎原(おおゆのはら)に続く参道には4日も、参拝者が続々と訪れ中世や近世のにぎわいを例えた「蟻の熊野詣で」のようになっている。近くの世界遺産熊野本宮館の職員は「こんなのは今まで見たことがない」と驚く。同館の来場者も2日に3千人を超え、3日には過去最多の3173人を記録。4日も朝から大勢が訪れており、「これまでで一番多かったのは2600人。それを大幅に超えた」と話す。
 熊野古道を歩く人も多く、同館前から発心門王子に向かうバスが増便されている。
 発心門から本宮大社までは熊野古道中辺路の「ゴールデンルート」と呼ばれる。静岡県から家族で訪れた湯川聖さん(33)は「母の希望で初めて来た。天気が良く新緑も美しいので、本宮大社まで楽しく歩けそう」と笑顔。3泊4日の日程で家族で訪れた東京都の大﨑敬子さん(59)は「以前から世界遺産の熊野古道に興味があり、10連休のおかげで来ることができた。天皇陛下と同じ学年で、皇太子の時に熊野古道も歩いておられたと聞いて、さらに親しみを覚えた」と話した。
 白浜町の白浜温泉もにぎわっている。景勝地の駐車場は4日も朝から県外ナンバーの車で混雑した。
 千畳敷の土産店・レストラン「茜・千畳茶屋」では連休中、従業員がフル稼働で対応。気温が上昇し、ソフトクリームがよく売れているという。店長の辻浩美さん(53)は「(来訪の)勢いは連休後半の方が強い。6日まで天気は良さそうなので、最後まで期待している」と話した。
 円月島周辺でも多くの観光客らの姿が見られた。周遊を楽しむ観光船「グラスボート」を運営する「白浜海底観光船」代表の津多定さん(43)は「この連休は、まんべんなく忙しいという感じ。休日はあとわずかだが、例年以上の人出になれば」と期待する。

関連記事

荘内日報社

64歳以下ワクチン接種へ加速 庄内5市町来月にかけ接種券送付

 新型コロナウイルスワクチンの65歳以上への接種が進む中、庄内地域の5市町は「64歳以下」への接種に向け準備作業を続けている。年齢を区分するなどして今月から来月にかけて対象となる12―64歳の接種券の送付を...

ゾウと歩み60余年㊦

種の保存を進める  のんほいパークが5月にまとめた方針では、アジアゾウ飼育の目的として、生息域外での保全活動を進めることを挙げている。絶滅も心配される中、生息域外での保全が進めば種の保存に...

ゾウと歩み60余年㊥

当初から雄雌ペアで飼育、繁殖に力  ゾウとの関わりは前身の豊橋市動物園が開園した1954年にさかのぼる。第1号の雌のインドゾウ「豊子」はサーカス出身で、豊橋公園で同年開いた「豊橋博覧会動物...

ゾウと歩み60余年㊤

のんほいパーク待望の群れ飼育へ  豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に5月19日、インドから到着したアジアゾウ3頭が仲間入りした。ともに10歳の雄と雌に5歳の雌。総勢6頭となり、国内屈指の規...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク