全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大樹ロケット宇宙到達 IST、国内民間で初

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は4日午前5時45分、町浜大樹の実験場から観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機を打ち上げた。速報値では高度113.4キロまで機体が到達した。2017年7月に打ち上げた初号機、昨年6月打ち上げの2号機では果たせなかった宇宙空間(高度100キロ以上)到達を、民間単独開発のロケットとしては国内で初めて成し遂げた。

轟音を上げて、宇宙空間へと飛び立つMOMO3号機

 3号機の打ち上げは当初予定していた4月30日にバルブへの異物混入が見つかり、2日と3日は強風のため、いずれも延期。仕切り直しで臨んだこの日は、午前5時打ち上げの10秒前に一部作業のタイミングが合わず緊急停止したが、不具合を解消し、45分後にロケットが発射した。

 ISTによると、3号機は初号機失敗の要因となった高度10~20キロ付近の空気の圧力を最も受ける「マックスQ」を突破。ほぼ予定通り、116秒間のエンジン燃焼で高度40キロまで到達し、打ち上げから4分後に最高高度に達した。8分35秒後に射場から約37キロ先の太平洋に着水した。

 稲川社長は「無事に目標を達成した。低価格で民生品を多用したロケットが宇宙空間到達を実証できたことは大きい」と強調。創業者の堀江貴文氏は「ほぼパーフェクトな打ち上げで、しっかり制御ができた。次につながる」と笑顔を見せた。

 3号機には、2号機に続いて高知工科大の超低周波音を観測する機器を搭載した。

<インターステラテクノロジズ(IST)>
 2005年結成の「なつのロケット団」を前身として13年に設立。23年に超小型人工衛星を地球の周回軌道に投入するロケットの打ち上げを目指している。

<観測ロケットMOMO(モモ)>
 エタノールと液体酸素を推進剤とする推力1.2トンの液体燃料ロケット。全長9.9メートル、直径50センチ。燃料を含む重量は1150キロ。

関連記事

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

宇部日報社

防災拠点の機能も、小郡地域交流センター完成

 山口市が老朽化に伴い建て替えを進めていた小郡地域交流センター(小郡下郷)が完成した。耐震化したことで地域の防災拠点としての機能を新たに備えた。市は残る外構工事と旧センターからの引っ越し作業を2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク