全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

【10連休特集】広がる青空と残雪 北八ケ岳の坪庭

多くの観光客でにぎわう残雪の北八ケ岳坪庭

大型連休も終盤に入った3日、諏訪地方は久しぶりに青空が広がり、各地の観光スポットは県内外の観光客らでにぎわいをみせた。茅野市北山の「北八ケ岳ロープウエイ」の山頂駅前に広がる「坪庭」には多くの家族連れらが訪れ、八ケ岳の雄大な自然を満喫していた。

同ロープウエイは北八ケ岳リゾート(茅野市北山)が運行。標高1771メートルの山麓駅を出発し、針葉樹が帯状に枯れる「縞枯れ」などを眼下に眺めながら約7分で標高2237メートルの山頂駅に到着する。

「坪庭」の今年の残雪は例年並みで、現在でも多いところでは1メートルほどの雪が見られる。北八ケ岳リゾートによると、今年の大型連休はすっきりとした晴れの日は少なかったが、入り込みは例年よりやや多いという。

横浜市から家族4人でやって来た斎藤貴司さん(39)は「横浜は1カ月前に桜の季節が終わっているが、聖光寺で桜、坪庭では残雪まで見られて得した気分。旅先を長野に選んで良かった」と話し、家族で記念写真を撮っていた。

関連記事

荘内日報社

64歳以下ワクチン接種へ加速 庄内5市町来月にかけ接種券送付

 新型コロナウイルスワクチンの65歳以上への接種が進む中、庄内地域の5市町は「64歳以下」への接種に向け準備作業を続けている。年齢を区分するなどして今月から来月にかけて対象となる12―64歳の接種券の送付を...

ゾウと歩み60余年㊦

種の保存を進める  のんほいパークが5月にまとめた方針では、アジアゾウ飼育の目的として、生息域外での保全活動を進めることを挙げている。絶滅も心配される中、生息域外での保全が進めば種の保存に...

ゾウと歩み60余年㊥

当初から雄雌ペアで飼育、繁殖に力  ゾウとの関わりは前身の豊橋市動物園が開園した1954年にさかのぼる。第1号の雌のインドゾウ「豊子」はサーカス出身で、豊橋公園で同年開いた「豊橋博覧会動物...

ゾウと歩み60余年㊤

のんほいパーク待望の群れ飼育へ  豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に5月19日、インドから到着したアジアゾウ3頭が仲間入りした。ともに10歳の雄と雌に5歳の雌。総勢6頭となり、国内屈指の規...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク