全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

連休後半 行楽 東へ西へ 道東道混雑、SAにぎわう

 ゴールデンウイーク(GW)の後半の3日、十勝管内は天候に恵まれ、帯広市内の飲食店や管内各地の行楽地は観光客らでにぎわった。道東道は同日午前、利用が分散したため長い渋滞は発生しなかったが、道央方面に向かう道路や交通機関は通常より混雑した。

大型連休も後半に入り、混雑する道東道十勝平原SA

 ネクスコ東日本道支社は、3日午前10時をピークに芽室-トマム間(札幌方向)で15キロの渋滞が発生すると予測。出発日をずらすなど利用の分散を呼び掛けていた。

 日本道路交通情報センター(東京)によると、3日の道東道は正午時点で上下線とも流れは順調。ただ芽室-十勝清水間などでは、車が数珠つなぎになって走行する光景が見られた。十勝平原サービスエリア(SA)には軽食の販売ブースが設けられ、多くのマイカーが詰めかけた。

 他の交通機関も混雑が続いている。JR帯広駅によると、特急列車は札幌行き「スーパーとかち8号」などで指定席が残り少ない状況に。帯広-札幌を結ぶ都市間高速バス「ポテトライナー」も3日の帯広発の便はほぼ満席となり、「2台増便して対応しているが残り席は少ない」(帯広駅バスターミナル札幌線予約センター)とする。

 帯広-東京間の空の便は、帯広発で満席便が多くなっている。

関連記事

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

宇部日報社

防災拠点の機能も、小郡地域交流センター完成

 山口市が老朽化に伴い建て替えを進めていた小郡地域交流センター(小郡下郷)が完成した。耐震化したことで地域の防災拠点としての機能を新たに備えた。市は残る外構工事と旧センターからの引っ越し作業を2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク