全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

いもーれ令和 カウトダウン 改元の瞬間、奄美も熱く

カウントダウンの大合唱で令和の訪れを祝った屋仁川の特設会場=1日午前0時、鹿児島県奄美市名瀬

 「いもーれ令和」。30日、奄美市名瀬の繁華街屋仁川で新元号を迎えるカウントダウンイベントが実施された。節目の瞬間を分かち合おうと、雨天の深夜にもかかわらず300人を超える群衆が会場を埋め、カウントダウンの大合唱で新時代「令和」の訪れを祝った。

 イベントは「祝やんごで新元号! 令和へぬカウントダウン」と銘打ち奄美市社交業組合(伊東隆吉理事長)が主催した。屋仁川通りのやんごゲート前の特設ステージで唄者の中村瑞希さんの祝い唄、カサリンチュのタツヒロさんのライブ、会場総出の六調があったほか、鏡割りの焼酎や餅が振る舞われた。

 友人を訪ねて東京から来島した田中美由紀さん(41)は「餅も受け取れて思い出に残る節目を迎えられた」と笑顔を見せ、「平成は大変なこともあったけど楽しい時代だった。令和は皆が好きなことを頑張れる平和で穏やかな世であってほしい」と願った。

 伊東理事長は「準備期間も少なく、雨も心配だったが予想以上の盛況。奄美に来ている観光客にも時代の節目を味わってもらえた」と喜んだ。「平成は格安航空会社就航や世界自然遺産の話題で奄美が脚光を浴び始めた時代。令和はしっかりと地域経済が浮揚できる時代になってほしい」とも話した。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク