全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

住民ら桜並木の再生に成功

本格的な管理で、花の付き具合が良くなった桜(中川沿いで)

 ここ数日の陽気に誘われて、山口県宇部市内の桜の開花が進んでいる。黒石校区の中川沿いでは、住民たちの熱心な管理で、桜並木の再生に成功。今週末あたりになりそうな満開を心待ちにしている。場所は、国道190号から北側の新東割橋までの約800メートル。地域団体の二一ゆめプラン黒石策定懇話会が2003年に里親を募り、59本の桜の苗木を植樹。里親たちで組織する中川を愛する会が定期的に環境美化活動を行ってきたが、木々によって生育にばらつきがあり、10年以上経過しても並木とはならなかった。

 里親の高齢化などで活動が低下する懸念があった中、15年度に市のがんばる地域支援助成金制度の交付団体に選ばれた。市からの200万円に、校区コミュニティー推進協議会からの助成金95万9000円を加え、土壌改良と植え替えに着手。樹木医の診断を受け、土壌の影響で枯れたり、うまく成長しなかったりした25本を撤去し、新たに4本を植えた。さらに花壇も造り、4色のシバザクラを植栽した。活動は、みんなで創るふるさと黒石(笠井邦雄会長)を新設して引き継ぎ、これまで不十分だった管理を徹底。年に4回の草刈りはもちろん、花の見ごろが終えた時期と冬の2回施肥を行い、病害虫の防除対策も行うようにした。その効果から、38本の木々の生育にばらつきがなくなり、1年が経過した昨春から見違えるほどに花の付き具合が良くなった。今年も日増しに開花が進み、現在早い枝で五分咲き程度に。今週末には見ごろを迎えそうだ。

 笠井会長は「25日に草刈りをしたときは、つぼみばかりだったが、一気に開花した。本格的な土壌改良と管理によって、花付きが良くなりうれしい。この辺りは散歩する人が多く、住民からも喜んでもらっている。次は、花見を企画してみたい」と語った。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク