全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

住民ら桜並木の再生に成功

本格的な管理で、花の付き具合が良くなった桜(中川沿いで)

 ここ数日の陽気に誘われて、山口県宇部市内の桜の開花が進んでいる。黒石校区の中川沿いでは、住民たちの熱心な管理で、桜並木の再生に成功。今週末あたりになりそうな満開を心待ちにしている。場所は、国道190号から北側の新東割橋までの約800メートル。地域団体の二一ゆめプラン黒石策定懇話会が2003年に里親を募り、59本の桜の苗木を植樹。里親たちで組織する中川を愛する会が定期的に環境美化活動を行ってきたが、木々によって生育にばらつきがあり、10年以上経過しても並木とはならなかった。

 里親の高齢化などで活動が低下する懸念があった中、15年度に市のがんばる地域支援助成金制度の交付団体に選ばれた。市からの200万円に、校区コミュニティー推進協議会からの助成金95万9000円を加え、土壌改良と植え替えに着手。樹木医の診断を受け、土壌の影響で枯れたり、うまく成長しなかったりした25本を撤去し、新たに4本を植えた。さらに花壇も造り、4色のシバザクラを植栽した。活動は、みんなで創るふるさと黒石(笠井邦雄会長)を新設して引き継ぎ、これまで不十分だった管理を徹底。年に4回の草刈りはもちろん、花の見ごろが終えた時期と冬の2回施肥を行い、病害虫の防除対策も行うようにした。その効果から、38本の木々の生育にばらつきがなくなり、1年が経過した昨春から見違えるほどに花の付き具合が良くなった。今年も日増しに開花が進み、現在早い枝で五分咲き程度に。今週末には見ごろを迎えそうだ。

 笠井会長は「25日に草刈りをしたときは、つぼみばかりだったが、一気に開花した。本格的な土壌改良と管理によって、花付きが良くなりうれしい。この辺りは散歩する人が多く、住民からも喜んでもらっている。次は、花見を企画してみたい」と語った。

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク