全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

小学生が歌舞伎役者姿で渡御行列

 酒田市黒森の黒森日枝神社で29日、春の例大祭が行われ、黒森小学校の子どもたちが来年2月の「黒森歌舞伎」(県指定無形民俗文化財)正月公演で上演される演目「義経千本桜」の登場人物に扮(ふん)して山車に乗り、地区内を触れ回った。同歌舞伎は今年11月、ポーランドでも同演目を公演する予定で、同公演も併せてPRした。

 例大祭の渡御行列として毎年実施している。今年は「義経千本桜」の「大物浦の場」をテーマに、いずれも黒森小6年の若生琉介君(11)が源義経、高橋宏太君(11)が武蔵坊弁慶、五十嵐優成君(11)が平知盛の役に扮し、同校女子の舞子、囃子(はやし)方など合わせて5台の山車に乗り、正午ごろから約4時間をかけて地区内を巡った。

 この日は春らしい晴天の下、隈(くま)取りもりりしいちびっ子役者たちは神妙な表情で巡行。途中、知り合いの大人から「かっこいいぞ」などと声を掛けられると、相好を崩し笑顔で手を振っていた。

 ポーランド公演は日本との国交樹立100周年を記念し、日本の約170の地芝居を代表して地区住民による「妻堂連中」(冨樫久一座長)の約40人が招かれ、11月に首都ワルシャワなどで「義経千本桜」の名場面「鳥居前」を演じる。同演目は今年8月13日にも、今年だけの夏公演として黒森日枝神社で公演。また、来年2月の正月公演は15日と17日に同神社で行われる。

「義経千本桜」の登場人物に扮して山車に乗り、地区内を触れ回る黒森小の子どもたち

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク