全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

小学生が歌舞伎役者姿で渡御行列

 酒田市黒森の黒森日枝神社で29日、春の例大祭が行われ、黒森小学校の子どもたちが来年2月の「黒森歌舞伎」(県指定無形民俗文化財)正月公演で上演される演目「義経千本桜」の登場人物に扮(ふん)して山車に乗り、地区内を触れ回った。同歌舞伎は今年11月、ポーランドでも同演目を公演する予定で、同公演も併せてPRした。

 例大祭の渡御行列として毎年実施している。今年は「義経千本桜」の「大物浦の場」をテーマに、いずれも黒森小6年の若生琉介君(11)が源義経、高橋宏太君(11)が武蔵坊弁慶、五十嵐優成君(11)が平知盛の役に扮し、同校女子の舞子、囃子(はやし)方など合わせて5台の山車に乗り、正午ごろから約4時間をかけて地区内を巡った。

 この日は春らしい晴天の下、隈(くま)取りもりりしいちびっ子役者たちは神妙な表情で巡行。途中、知り合いの大人から「かっこいいぞ」などと声を掛けられると、相好を崩し笑顔で手を振っていた。

 ポーランド公演は日本との国交樹立100周年を記念し、日本の約170の地芝居を代表して地区住民による「妻堂連中」(冨樫久一座長)の約40人が招かれ、11月に首都ワルシャワなどで「義経千本桜」の名場面「鳥居前」を演じる。同演目は今年8月13日にも、今年だけの夏公演として黒森日枝神社で公演。また、来年2月の正月公演は15日と17日に同神社で行われる。

「義経千本桜」の登場人物に扮して山車に乗り、地区内を触れ回る黒森小の子どもたち

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク