全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット2号機4月28日打ち上げ 大樹IST

浜大樹の実験場で公開したMOMO2号機とIST社員。前列右から稲川社長、堀江氏(新井拓海撮影)

 インターステラテクノロジズ(=IST、本社大樹、稲川貴大社長)は27日、高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げ予定日を4月28日と発表した。状況によっては同29日~5月5日の実施も検討する。

 町多目的航空公園内の「町宇宙交流センターSORA(そら)」で、創業者で実業家の堀江貴文さんと稲川社長が記者会見して明らかにした。発射場となる町浜大樹の実験場で、完成間近の機体も公開した。

 宇宙開発ベンチャーの同社は昨年7月、実験場からMOMO1号機を打ち上げ、高度20キロ手前で機体が破損。姿勢制御装置や強度を改良した2号機の開発・製造を進めている。

 4月28日は実験場から午前11時~午後0時半の打ち上げを予定。天候や機体の状況によっては、同日午後4時~同5時半、同29日~5月5日の午前5時~同8時、午前11時~午後0時半、午後4時~同8時に延期する。発射場周辺に有料の観覧席を設ける他、町多目的航空公園でのパブリックビューイングも実施を予定。

 機体は1号機とほぼ同じ全長10メートル、直径50センチ、重量1.15トン。1号機の破損原因は機体の横回転(ロール)とみられるため、少量のエタノールを燃焼させたガスを噴射し、姿勢制御する装置を新たに取り付ける。従来の窒素ガスの制御装置に比べ軽量化でき、浮いた重量を接合部など機体の強度向上に振り向けた。

 先端部(ペイロード)には、高知工科大学の観測機器を搭載。津波や火山噴火などの防災に役立つ大気の震動(インフラサウンド)を高高度で観測する。

 堀江氏は「前回の課題はクリアできており、スケジュールも余裕がある。多くの方に見に来てほしい」とし、稲川社長は「(1号機の)リベンジ戦。ロケット開発は難しいと日々感じているが、一つ一つ丁寧に作業を進めたい」と述べた。

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク