全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット2号機4月28日打ち上げ 大樹IST

浜大樹の実験場で公開したMOMO2号機とIST社員。前列右から稲川社長、堀江氏(新井拓海撮影)

 インターステラテクノロジズ(=IST、本社大樹、稲川貴大社長)は27日、高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げ予定日を4月28日と発表した。状況によっては同29日~5月5日の実施も検討する。

 町多目的航空公園内の「町宇宙交流センターSORA(そら)」で、創業者で実業家の堀江貴文さんと稲川社長が記者会見して明らかにした。発射場となる町浜大樹の実験場で、完成間近の機体も公開した。

 宇宙開発ベンチャーの同社は昨年7月、実験場からMOMO1号機を打ち上げ、高度20キロ手前で機体が破損。姿勢制御装置や強度を改良した2号機の開発・製造を進めている。

 4月28日は実験場から午前11時~午後0時半の打ち上げを予定。天候や機体の状況によっては、同日午後4時~同5時半、同29日~5月5日の午前5時~同8時、午前11時~午後0時半、午後4時~同8時に延期する。発射場周辺に有料の観覧席を設ける他、町多目的航空公園でのパブリックビューイングも実施を予定。

 機体は1号機とほぼ同じ全長10メートル、直径50センチ、重量1.15トン。1号機の破損原因は機体の横回転(ロール)とみられるため、少量のエタノールを燃焼させたガスを噴射し、姿勢制御する装置を新たに取り付ける。従来の窒素ガスの制御装置に比べ軽量化でき、浮いた重量を接合部など機体の強度向上に振り向けた。

 先端部(ペイロード)には、高知工科大学の観測機器を搭載。津波や火山噴火などの防災に役立つ大気の震動(インフラサウンド)を高高度で観測する。

 堀江氏は「前回の課題はクリアできており、スケジュールも余裕がある。多くの方に見に来てほしい」とし、稲川社長は「(1号機の)リベンジ戦。ロケット開発は難しいと日々感じているが、一つ一つ丁寧に作業を進めたい」と述べた。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク