全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

茂木さんらとアート・ラン&ウオーク 楽しむ

茂木さん、秋元さんを先頭に元気よくランのスタート(常盤公園で)

 宇部市主催の「UBE ART RUN&WALK」は28日、常盤公園で開かれた。市内外から180人が参加し、脳科学者の茂木健一郎さん(56)とアイドルグループAKB48の元メンバー秋元才加さん(30)と一緒に園内を巡り、豊かな自然と宇部の誇る野外彫刻に触れた。宇部日報社共催。    昨年11月にときわ湖水ホールで開いたアートなまちづくりを考える「宇部クリエイティブミーティング」に続く行事で、今秋の「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)×まちじゅうアートフェスタ」への機運を高めることが目的。    午前中に行われたランには、122人が参加。ときわ湖水ホールをスタートし、約1時間かけて常盤湖畔の周遊園路コース約5・7㌔駆け抜けた。秋元さんは「たくさんの参加者の方とおしゃべりしながら楽しく走れたので、あっという間のゴールだった」と笑顔を見せた。    茂木さんは一度ゴールしながら、最後尾のランナーの所まで戻って伴走。一緒にゴールした松本芙海さん(34)は「茂木先生に会いたくて参加したので、話しながら走れてうれしかった」と感激していた。    午後に行われたウオークには54人が参加。茂木さん、秋元さんと共に、湖水ホールから彫刻の丘(野外彫刻展示場)まで歩き、道中でときわミュージアムの山本容資学芸員の説明を聞きながら、設置された彫刻を巡った。    彫刻の丘で開かれたトークでは、秋元さんが「自然の中になじんでいる彫刻を見て、自分の彫刻の概念が覆された。アートは本当に奥深く、新しい感性を見つけることができた」と感想。最後に茂木さんは「作品と出合った前後で見える世界が変わるのがアートの一番の良さ」とまとめた。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク