全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

相楽総三の優しさにじむ自筆の手紙公開

相楽総三自筆の手紙などを展示した企画展

長野県下諏訪町の宿場街道資料館が5月6日まで、企画展「相楽総三と赤報隊」を開いている。赤報隊を率いる総三らが不遇の最期を遂げてから150年の節目に合わせて昨年春に初めて企画。今回は第2弾で、町の博物館が所蔵する古文書などを展示している。

目を引くのは「公開はおそらく初めて」という総三自筆の手紙。死の10カ月前の1867(慶応3)年5月に、滞在していた京から江戸の実家に出しており、活動資金の送金を京の町人宛てにしてくれるよう書いてあるほか、生まれたばかりの長男の成長を「何よりうれしい」とつづっている。

資料館は「町人宛ての送金は当時総三が身を隠す必要があった世情がうかがえ、子を思う部分には父親としての優しさがにじみ出る。イメージとは違う総三の一面を知るのに役立てば」としている。

このほか、名主の残した記録や赤報隊名簿などを並べ、古文書には口語訳をつけた。総三らがまつられた魁塚への地図や写真も展示し、「現地にも足を運んでほしい」としている。

会期中は無休で、午前9時~午後5時。入館無料。問い合わせは同館(電話0266・27・8827)へ。

関連記事

満員の観客、万雷の拍手 うつぐみ芸能交流高知公演

 【高知】竹富島や高知県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が10日、高知県香南市の「弁天座」で開かれた。太平洋戦争末期、竹富島に駐留...

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク