全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

歩行訓練頑張るアルパカ 富士見の牧場

石橋さんと歩行訓練をする3本脚のアルパカ「チャッピー」

 富士見町立沢の「八ヶ岳アルパカ牧場」で、3本脚のアルパカの子どもが元気に育っている。生まれつきの障がいだが、飼育員の愛情のこもった励ましを受けながら、歩行訓練に頑張る毎日だ。

 子どもは、昨年10月、左後脚のすねが直角に折れ曲がった状態で産まれた。2013年のオープン以来、同牧場では15頭のアルパカが誕生しているが、障がいを持った赤ちゃんは初めて。同牧場で飼育している母親と父親の名前の一部をとり「チャッピー」と名付けられた。

 生後5日目、3本の脚で立ったチャッピーに生きようとする意思を感じたスタッフが育てようと決心。獣医師の診察で、すねの部分を切除する手術を受けた。立って母乳を飲めるようになるまでは哺乳瓶を使って飼育し、離乳した現在は自ら飼料を食べるまでになった。

 アルパカは1歳までに体重が30キロになり、大人では70~80キロになるため、3本の脚で体重を支える脚力を付けるための訓練を生後まもなく始めた。赤ちゃんをおんぶするベビーキャリアを利用して、飼育員が腰部分を持ち上げて介助し、自ら歩く訓練を続けている。飼育員は「徐々に歩けるようになったが、まだ不十分」といい、つばを吐いて嫌がるチャッピーと根気強く取り組んでいる。

 同牧場の展示責任者、石橋濃青さん(33)は「ほかのアルパカのように、仲間やお客さんと触れ合えるようチャッピーの行動範囲を広げてあげたい。そのためには負担にならない範囲でお客さんと接する時間も徐々に増やしたい。体が不自由でも頑張る姿が皆さんの励みになれば」と話している。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク